撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

「あ、やっちゃった!?」冬眠から目覚めるのが早過ぎたエゾシマリス

北海道から毎日お届け中!

えっ、まだ春じゃないの?

冬眠中もたまに起きちゃうんです

本州以南では、春一番が吹いたところも多いようですが、北海道はまだまだ深い雪に覆われています。

エゾシマリスたちは、冬の間、雪の下の巣穴で冬眠中なんですが、雪の中に顔を出した子がいました。

 

寒さに弱ってしまうのではないかと心配になるんですが、意外に元気そうです。

この日、早起きしすぎちゃった「シマリー」(私は愛着をこめて、こう呼んでます)は、巣から出たあと、数時間、森で餌を探したあと、お気に入りの木の上でひと休みしていました。

天気が急変し、吹雪いてきて気温が下がり始めると、冬眠用の巣の中へ一目散。巣に入る前に、外をうかがってるところをとらえたのが、この一枚です。

咥えているのは、巣の中で使う巣材のようです。こんな寒いなか、わざわざとってきて何に使うのか。枕に使うのか、布団に使うのか。言葉がわかれば、ぜひ聞いてみたいんですが……。

エゾシマリスは、ずーっと冬眠しているわけじゃなくて、完全に目覚めるまでは、たまに起きて、また寝るを繰り返します。

本格始動は、もう少し先かな。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!