Photo by rawpixel on Unsplash

ブルーバックス伝説の名著『統計でウソをつく法』100刷突破!

そのサワリも一気読み用に公開します

「統計学という秘密の言葉は、事実がものをいう社会では、人に訴える力が非常に大きいので、物ごとを評判にしたり、誇張したり、混乱させたり、また極度に単純化してしまうのによく利用されている」

「しかし、そういった言葉を正しく理解して使う人と、その言葉の意味がわかる人とがそろっていなければ、結果はナンセンスな言葉の遊びにすぎない」

あらゆる情報がデジタル化され、ウェブを介して飛び回る現代社会への警鐘かと思いきや、この一節は、1968年7月に刊行されたブルーバックス初期の名著、『統計でウソをつく法』の前書きからの引用です。

原著はさらにその14年前、1954年に書かれていますので、著者であるダレル・ハフさんの指摘は、時代を超えた名言といっても過言ではないでしょう。

それを裏づけるように、通巻番号120番の本書は現役バリバリのロングセラーで、累計部数も30万部を突破。電子版も好評を博しています。

そして、2019年3月4日付の重版で、なんと101刷に到達。『相対性理論の世界』(通巻番号79、1966年8月刊)に続き、ブルーバックスで2つめの100刷突破書目となりました!

統計でウソをつく法

「ウソには3種類ある──ウソ、みえすいたウソ、そして統計だ」

19世紀末に二度にわたって英国首相を務めたベンジャミン・ディズレーリは、こんな言葉を残しているそうです。

だまされないためには、まずだます方法を知ること──本書のキャッチフレーズは、今なおみずみずしさを失っていません。既読の方も未読の方も、ぜひこの機会に、手にとってみてください。

といっても、少しは中身をチェックしてから買うかどうか決めたい、というのも人情というもの。

次ページから、本書のサワリ部分をご紹介しましょう(ここでいう「サワリ」は、「導入部分」ではなく、本来の「大事な要点部分」という意味で使っています)。