Photo by iStock

なぜ「小室圭さんは、いくら叩いても構わない」風潮が生まれたのか

誰も気づかない「男尊女卑」の深層心理

国民の心証を損ねたから?

2018年10月に皇室を離れ、日本郵船社員の守谷慧さんとご結婚された高円宮家の三女絢子さま。お二人のご結婚に際し、一時金として1億675万円が支給された。これは「元皇族としての品位を保つため」に国から支給されるもので、1億675万円は現行法における上限額である。

世間ではお二人のご結婚を祝う声が多く聞かれたが、本音と建前が交錯するインターネットでは、そうした祝賀ムードとはまるで異なる声も漏れ聞こえた。たとえば大手ニュースサイトのコメント欄では、こんな具合だ。

〈いままではスルーしていたけど、小室ナンタラの登場でこの制度にも疑問を持つようになった〉

〈守谷さんの収入があればこの一時金は必要でないであろうが、問題のもう一組の相手は明らかにこのお金目当て。あっという間に遊興費で消えてしまう〉

(Yahoo!ニュース「絢子さまに一時金1億675万円=守谷さんと結婚で―皇室経済会議(時事通信)」コメント欄より引用。該当ページは削除済み:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000048-jij-soci

「小室ナンタラ」「問題のもう一方」とは、言うまでもなく、小室圭さんのことである。

 

秋篠宮眞子内親王の(事実上の)婚約者である小室圭さんに対する批判やバッシングは、とくにワイドショー、週刊誌、一部のネットメディアやSNSを中心に苛烈を極めている。

「甲斐性がない」「親がなんかヤバそう」「会社をすぐ辞めて実質ニート」……大手メディアはそこまで書くことはほとんどないが、しかし彼の名をネットで検索すればそうした罵詈雑言が書かれた記事はすぐに見つかる。私にこの連載の仕事を与えてくれている講談社の雑誌でさえ、どちらかといえば、小室さんに批判的な立場の記事を掲載することが多い。

皇室の専門家や記者ではない私には、どこまで事実なのかわからないが、小室さんの母親に借金があることや、その肩代わりを皇室に要求するかのような言動があったとの報道も、小室さんに対する国民の心証をずいぶんと損ねているようだ。

たしかに小室さんは、女性皇族の結婚相手としては、他の方々よりも見劣りがするのかもしれない。由緒ある家柄の出身でもなければ、確固たる経済的基盤を持っているわけでもない。せっかく就職したメガバンクも早々に辞めてしまうなど、なんとなく「大丈夫なのか」と思わせるような、頼りなさげなところがあるのかもしれない。

私たちはメディアの報道をもとに、(大半の人は彼に直接会ったことなどないにもかかわらず)小室さんに対してこうした予断を抱き、「女性皇族の結婚相手として、彼はふさわしくないのではないか」という空気を生み出すことに加担しているのではないだろうか。最近のことばでいえば「ネットいじめ」に近いのではないかとすら感じる。

――私はあえて、こうした世間の「小室さんバッシング」の風潮に対して、あまりにも無責任ではないか、と言いたい。