Photo by G2

「地震」を「震災」にしないために科学ができること

カギは「土地の履歴」を知ることだ!
西日本豪雨、猛暑、数々の台風、そして北海道胆振(いぶり)東部地震……。平成最後の「今年の漢字」に選ばれた「災」が象徴するように、2018年は実に多くの自然災害が日本を襲い、尊い人命が犠牲となった。

この災害列島に住む私たちは、ともすれば「自然災害に人智は及ばない、被害を避けることは不可能だ」と考えがちだ。しかし、本当にそうなのだろうか?

環境考古学を専門とする高橋学教授(立命館大学文学部、環太平洋文明研究センター)は「地震や洪水といった自然変動による被害の大きさを決めるのは人間の生活の在り方」と指摘する。生活を見直すことで被害は軽減できるという。

(立命館大学ポータルサイト「shiRUto」より転載)

「自然変動」と「自然災害」は異なる事象

自然災害による被害を減らすための前提を、高橋教授は次のように指摘する。

「重要なのは、自然変動と自然災害とはあくまでも別物だと認識することです。

たとえば、『地震』とは地面が地球の内的営力により揺れることを意味し、人間が止めることは不可能です。これに対して、『震災』とは地震によって人間が生命や財産を失うことですから、たとえ同じ規模の地震が起こっても時代や場所によって震災の程度は当然異なります」

日本の人口19世紀中頃から日本の人口は急激に増加を始めた(図は内閣府ウェブサイトから引用)

近代以降の人口増加にともなって自然災害の被害の程度も大きくなったという。

「14世紀半ばから続いていた寒冷期が19世紀半ばに終わって温暖期が始まったため、穀物の生産量が増加して人口も増えた。その結果、自然災害に対して脆弱で以前は誰も住んでいなかった場所にも人が住むようになったのです」

かつて誰も住んでいなかった場所では、台風や水害もただの自然現象に過ぎなかったのだろうが、人が住むことで「災害」と認識されるようになったのだ。

平成の震災にも影響した「縄文海進」

自然災害に弱い場所が被害を受けた例として、高橋教授は1995年の阪神・淡路大震災を挙げる。

阪神・淡路大震災大阪湾沿いの神戸市等阪神地域。海沿いで特に地震の揺れが大きかった(図は気象庁ウェブサイトから引用)
縄文海進同地域の地形を表す。黒塗り部分は6300年前は海域や谷だった(図は高橋教授提供)

「阪神・淡路大震災をもたらした兵庫県南部地震では、震度階級最大の震度7を観測した地域は大阪湾沿いが中心でした。

実はこのエリアは、縄文時代に海水面が現在よりも高く海岸線が内陸に入り込んでいた縄文海進時には海だった場所。地盤が決して強くないのです。

そのために他の地域よりも強く揺れ、被害も大きくなってしまいました。あの高速道路の倒壊が起こった東灘区もこのエリアです」