Photo by iStock

脳にとって「真実」はなかった? 「心」をめぐる常識が崩れるとき

脳科学者が高校生に真摯に語ったこと

「心」に「脳」からアプローチして、わかったことと残った謎とは──。
脳科学の挑戦を多彩な切り口から描いた名著を読み解きます。

(※この記事は「Lab-on」からの転載です。オリジナルサイトはこちら

脳科学の知見から、「心」の謎を解き明かす

「自分」とは一体何なのか、私たちが生きているこの世界は本当に存在しているのか。

こうした問いは、これまで文学や哲学の領域で多く扱われてきました。なかなか答えが出るものではありませんが、視点を変えてみることで、思わぬ発見がある場合があります。

そんな問いを、夜通し考え込んでしまったことがある人にぜひ読んでほしい本。それが、『単純な脳、複雑な私』(池谷裕二著、講談社ブルーバックス)です。

なぜなら、本書は「心」という文学や哲学の主題として多く扱われてきたものを、脳科学というまったく別の視点から解き明かそうとしているからです。

単純な脳、複雑な「私」

高校生への講義形式で、最先端の研究もわかりやすく

著者は東京大学薬学部教授であり脳研究者の池谷裕二氏。メディアに出演されることも多く、科学に馴染みのない人に向けた著書も多数執筆されているので、知っている人も多いことでしょう。

本書はその池谷氏が、自身の母校で高校生を相手におこなった連続講義がベースとなっています。全4章構成で、第1章は全校生徒に向けて行った全体講義、第2〜4章は、「心」についてより深く探求したいと感じた生徒9名に対する3日連続の集中講義です。

「はじめに」の中で、池谷氏は本書のコンセプトをこう説明しています。

講義の一環したテーマは「心の構造化」です。ここでは「心」を、意識と無意識を含めた脳の作用全般といった広い意味で使っています。

難解に聞こえるかもしれませんが、読んでみると軽快な語り口で、出版当時の最先端の研究結果がわかりやすく解説されています。

豊富な具体例をもとに講義が展開するので想像しやすく、ユーモアもたっぷり。要所には生徒たちとのやりとりも記録された臨場感ある構成で、高校生たちと同じ目線で考えながらテンポよく読み進めることができます。

brainPhoto by jesse orrico on Unsplash

「真実」は関係ない?

本書がはじめて書籍化されたのは2009年で、講義がおこなわれたのは10年ほど前のこと。当時から現在までに進展した研究も数多くありますが、それでも本書の内容やコンセプトは今なお十分に新鮮で、驚きに満ちたものであり、その具体例には事欠きません。