ゴルフ新ルール「抜いて打つか抜かずに打つか」それが問題だ

スコアアップの可能性も
週刊現代 プロフィール

オーバーする怖さが減る

動作解析の専門家で、パッティング研究の第一人者である濵部浩一・日本獣医生命科学大学教授も「ピンを一度も抜かずにラウンドしたところ、圧倒的に入れやすかった」と言い、こう続ける。

Photo by iStock

「プロを含めた3人でコースを回ったんです。ラインや距離は様々でしたが、ボールがピンに弾かれて入らなかったパットは一つもありませんでした。パッティングでボールがピンに弾かれるというのは、単なる思い込みに過ぎないんですよ」

ゴルフ歴が長いと、バンカーやグリーン周りからのアプローチショットでピンに大きく弾かれてしまった経験が一度ならずある。その悔しい思いはなかなか消えないものだが、それはパットには当てはまらないという。

「アプローチショットのボールにはバックスピンやサイドスピンがかかっています。そうした回転がかかった状態でピンに当たる、あるいはバウンドしてピンの高い位置に当たれば、弾かれて当然です。また、バウンドが終わった状態の順回転のボールがピンに弾かれたときは、勢いが強すぎる。この場合はピンがなくても入りません」(濵部氏)

 

パッティング時の緩やかな順回転でボールがピンに当たれば、ピンがない場合よりも高確率でカップインするという。問題はどれくらいの強さで打てばいいのかだ。

「私の実験によれば、10フィート程度の一般的な速さのグリーンで、カップを7m以上オーバーさせる強さでピンに当たると弾かれました。それでも大きく弾かれることなく、すぐそばで止まります。ピンがなくても、1.7mオーバーまでは入る可能性があるんです。しかし、ピンがあれば、7m以内のオーバーの強さで、まっすぐピンに当たればほぼ入ります。

私と一緒にラウンドしたハンデ10の方は、最初は距離を合わせて、カップに届かないパットが多かった。しかし、途中から1mほどオーバーする強さのパットが打てるようになり、ピンに当てて次々にカップインさせていきました。本人も『オーバーする怖さが減った』と言っていましたね。ハンデ5以上のアマチュアの方はピンを立てるべきでしょう」(濵部氏)

届かなければ入らない。

ゴルフの世界でよく言われる格言だが、ピンを立てれば、これが克服できるかもしれないのだ。

「ピンがあることでラインの読み方やタッチがよりアグレッシブになる。トータルで考えると、プラス要因のほうが大きいでしょう」('06年にレッスン・オブ・ザ・イヤーを受賞したティーチングプロ・永井延宏氏)