〔PHOTO〕gettyimages

朝鮮労働党幹部が激白「我々が米朝会談でアメリカに要求すること」

中国・韓国・日本との関係はどうなるか

2回目の米朝首脳会談を前に

アメリカ東部時間の2月8日晩、ドナルド・トランプ大統領は立て続けに、ツイッターで二つのメッセージを打った。

〈 わが代表団は先ほど、とても実りあるミーティングを終えて、北朝鮮を離れた。そこで2回目となる金正恩(キム・ジョンイル)委員長との会談の日時を確定させた。それは2月27日と28日に、ベトナムのハノイで行われる。私は金委員長と会って、平和の作業を進めるのを楽しみにしている 〉

〈 北朝鮮は、金正恩のリーダーシップのもとで、偉大な経済パワーとなるだろう。彼はいくつか(世界を)驚かせることになるだろうが、私を驚かせはしない。なぜなら私は彼の事を理解しているからだ。そして彼がどれほど能力あるかを十分理解している。北朝鮮は、これまでとはまったく異なるロケットになる、経済体になる! 〉

その3日前の2月5日、トランプ大統領は、年に一度の一般教書演説で、「2月27日と28日にベトナムで、金正恩委員長との2回目の米朝首脳会談を行う」と述べていた。

米朝両首脳は、昨年6月にシンガポールで初会談を行ったが、その後は北朝鮮の非核化を巡って、米朝間で齟齬が生まれていると伝えられてきた。それが年が明けて、ようやく2度目の対面を発表できたのである。

また、当初は、2017年11月にAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が開かれたベトナム中部の海岸都市ダナンが有力視されていたが、北朝鮮側が自国の大使館がある都市での開催を望み、ハノイでの開催となったという。

北朝鮮は、2週間後に迫った米朝首脳会談に、どのような思惑で臨むのか。そして、米朝関係が進展していけば、日朝間に横たわる拉致問題にも、解決の糸口が見いだせるのか。

私は、これまで使ってきた北朝鮮とのルートを通じて、緊急で朝鮮労働党幹部の話を入手した。以下は、その一問一答である。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら