# 世界経済

トランプがロシアゲート疑惑で「クロ」と判断されれば、何が起こるか

そのポイントを解説する

今月末、報告書公表か

中国との覇権争い、保護主義、金融・財政政策の他にも、米国には日本と世界の経済を揺るがせかねないリスクがある。2016年の大統領選挙で、当時のトランプ大統領候補の関係者らがロシアと不透明な選挙協力をしたのではないかとされるロシアゲート疑惑だ。その捜査報告書が、今月末にもまとまる見通しとなっている。

この件に関して、トランプ大統領は毎日のように捜査を「魔女狩り」だと非難し、ホワイトハウスも防戦に躍起だ。が、昨年秋の連邦議会の中間選挙で下院の過半数を握った民主党は、問題の捜査報告書をきっかけに大統領の弾劾を発議しようと待ち構えている。

過去の例から見て、もし、現実に弾劾手続きが始まれば、米国の政治・外交機能は事実上停止し、日本や世界の経済にも大きな影響を与えるリスクがある。その混乱は、この年末年始のアメリカを揺るがせたガバメント・シャットダウン(連邦政府機関の一部閉鎖)の比ではないだろう。

捜査報告書の発表後に何が起きうるのか。月末まではまだ少し時間的な余裕があるが、今のうちに、ロシアゲート疑惑の捜査状況と影響についてポイントを整理しておきたい。 

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら