Photo by Getty Images

我、かくして軒先のスズメバチの巣を撲滅せり

豚肉と木の棒で挑んだ結果!
「動く図鑑MOVE」の公式サイト「WebMOVE」発の特別コラム。
『ハカセは見た!! 学校では教えてくれない生きもののひみつ』著者、小松貴さんがスズメバチとの激闘をレポートします。

1本の電話と焼き飯

ある夏の日、家で録画したアニメを見ていたとき、私の携帯電話が鳴った。

かけてきたのは、同じ大学の同じクラスの、しかし、そんなに親しくもない奴。
彼がいうことには、どうも自分の住むマンションの玄関先に、スズメバチが巣を作りはじめたらしい。

このままだとどんどん巣が大きくなり、出入りのたびに襲われそうだ。でも、自分で巣をとるのはおっかない。

「お前は虫にくわしいだろうから、どうにかこの巣を取り除いてほしい」

という話だった。

正直、その話を聞いただけでは私は協力する気にはなれなかった。なにしろ危険だし、そんなに親しくもない奴のためにそこまでしてやる理由もない。

ハチ退治の業者にでも頼めばいいだろ、と、私は電話口で彼に告げるつもりだったが、私がそれをいうよりも早く「もし巣を取ってくれたら、メーヤウ(当時、大学のそばにあったカレー屋)の焼き飯を一杯おごるからさぁ」といわれた。

私は、二つ返事でスズメバチの退治を引き受けた。

必殺! 豚肉おびきよせ作戦

その日の夜、さっそく私は彼の住んでいるアパートまで出かけた。

彼の住んでいる部屋は3階。

ドアのチャイムを押して、そいつにハチの巣のありかを聞くまでもなく、ドアのすぐ真上、だいたい高さ3mくらいの天井に巣はあった。

何となく予想はしていたが、コガタスズメバチのものだった。

大きさはサッカーボールより一回り小さいくらいで、私一人でも十分とれそうだった。

コガタは、日本のスズメバチとしてはわりとおとなしめの部類だ。とはいえ、相手はスズメバチ、油断はできない。

さて、これをどうするか。

コガタスズメバチコガタスズメバチ

いくら働きバチを退治しても、女王バチを逃すと、また巣を作り直してしまう。

また、下手に退治しようとして失敗すると、ハチどもが狂暴化し、このアパートの住人たちをかえって危険にさらす。

やるならば徹底的にやらねばならないが、あの巣の中に何匹ハチが隠れているかもわからない状態で、うかつなまねはできない。

考えた結果、ある方法を思いついた。

私は、ハチ退治をたのんできたその彼に、

「何か、いらない豚肉とか魚の切り身とかないか?」

と聞いた。

冷蔵庫に古い豚バラ肉があるというので、それを取ってこさせ、その間に私は近所の道ばたに出て、あの巣に届く長さの木の棒をひろってきた。

その棒の先に、私は豚肉を巻きつけた。そして、その豚肉つきの棒で、ハチの巣の表面を軽くなでた。

すると、巣の中から一匹のハチが何事かと出てきた。

ハチは豚肉つきの棒が自分の巣に触っていることに気づくと、すぐに駆け寄って豚肉に飛びついた。

そして、その豚肉にガリガリとかじりつき始めたではないか!