Photo by iStock

東急電鉄が仕掛ける「渋谷再開発」で街はどう変わるのか?

歓楽街のイメージは一変する
東横線、田園都市線をはじめ、「住みたい路線」アンケートでつねに上位にランクインしている東急電鉄。同社の現役執行役員、東浦亮典氏は、著書『私鉄3.0』(ワニブックス刊)で、沿線がこれからどう変化していくか、予測を行なっている。中でも大きな変化を見せているのが、再開発まっただ中の渋谷だ。これから渋谷はどう変わっていくのか? 東浦氏に「未来予想図」を描いてもらった。

再開発はまだ終わっていない

東急電鉄はこの数年ずっと渋谷の開発に力を入れています。その大きなきっかけは副都心線の渋谷乗り入れと東横線との相互直通運転が決まったことです。鉄道が地下化されることで、渋谷の再開発の計画が具体化していきました。

Photo by iStock

日本経済に大打撃を与えたバブル経済の崩壊後、政府・金融機関・民間企業は、当初の想定以上に長い間不良債権処理に時間と金を浪費してきました。

そこで、不良債権化した不動産を証券化することによって、焦げ付いた不動産の流動性を高め、いち早く大都市圏を中心に都心機能の高度化により国際競争力を高め、日本経済を活性化する。

そんな目的を持って、2002年小泉政権時代に可決、成立したのが都市再生特別措置法です。

これによって認定を受けた都市再生開発案件は、国の重要開発案件と位置付けられ、手続きの短縮化や各種補助などの優遇制度の適用、都市計画規制の緩和措置など、地域経済に活力を与えるような、より大規模で前例のない都市開発が可能となりました。

 

東京都内でもいくつかのエリアが選定されましたが、渋谷もそのひとつとして特定都市再生緊急整備地域に認定されました。これが今の渋谷の大規模再開発を誘発する大きな契機となったのです。

渋谷はすり鉢型の谷地形状にいくつかの鉄道路線が乗り入れ、そこが自然発生的に繁華街となりましたので、都市インフラが錯綜していて災害などに対して大変脆弱な状況です。渋谷の都市再生においては、長年の課題だった都市インフラを抜本的に整備し直すことも大きな目的のひとつでした。

ここ数年、渋谷駅周辺は工事に次ぐ工事という状況が続いていますが、その全部を東急電鉄の事業としてやっているわけではありません。渋谷駅周辺には実に多様な施設管理者が相互に入り組んでいる状態です。

国道246号線があり、東京都道もあり、上部には首都高速道路がある。鉄道会社もJR、東京メトロとの調整もあるし、駅下部を流れる渋谷川の管理は東京都下水道局というように、ひとつの開発事業の協議調整だけでも大変膨大で複雑な内容を含んでいました。