〔PHOTO〕Yoichi Onoda

サムスン、LG、ロッテ…韓国経済を支える10大財閥とその行方

お騒がせご子息と新勢力の誕生
南北分断から70年の時を経て、朝鮮半島はどこへ向かっているのか——。
その歩みをいま一度知るためにも、TRANSIT42号では韓国・北朝鮮を特集した。ここでは誌面の一部を紹介していく。

第二次世界大戦と朝鮮戦争を経て、世界でも最貧国のひとつといわれた韓国を、立て直したのは韓国の財閥だった。日本のようには「解体」されず、今でも絶対的パワーを誇る10社。その成り立ちや、現況、未来を覗いていく。

貧困国からの脱却

1950年に始まった朝鮮戦争で大きなダメージを受け、1960年代前半まで最貧国のひとつともいわれていた韓国。それが、精密機器の開発や、IT 業界などで国際的企業が誕生し、2017年にはGDP世界12位の経済大国へと成長を遂げた。一体なぜか。

出典:世界銀行 提供:TRANSIT編集部

韓国経済の革新的発展の第一歩といえば、1960年代後半からの「漢江の奇跡」と呼ばれる現象。韓国は日韓基本条約により日本から得た3億ドルの支援金を使用し、製鉄所やダム、発電所などを建設。それにより韓国経済発展のための社会インフラの基盤を整えたのだった。日本やアメリカなど海外からの投資や技術提携などもありながら、「10大財閥」が誕生したのもこの頃。

60年代は繊維、履物、玩具などを生産して農業国家から工業国家に転換。70年代は電子、造船、鉄鋼が発達して軽工業から重化学工業育成にシフトしてく。90年代には半導体、自動車、コンピュータ、通信、2000年代に入るとIT、電子機器、石油化学といった21世紀の産業が主力となり先進諸国と肩を並べるようになった。さまざまなジャンルをけん引し、韓国の復興と成長に大きく貢献した韓国の財閥。その10社を率いるリーダーの様相を見ていこう。

1. サムスングループ 李 健煕(イ・ゴンヒ)

〔ILLUSTRATION〕Haruka Fukushi

創業者の李健煕は早稲田大学への留学から(病気により中退)帰国後、当時もっとも需要があった食品や衣服を主産業にした「三星商会」を設立。時代ごとのニーズを汲みとり、電子、科学、金融などさまざまな事業を展開し、韓国経済を率いてきた。グループの中枢であるサムスン電子はスマホの世界シェア1位(2017年)。

DATA
創業者:李 秉喆(イ・ビョンチョル) 創業年:1938年
総資産:363兆2000億ウォン
主な企業:サムスン電子、サムスン電機、サムスン物産

2. 現代自動車 鄭 夢九(チョン・モング)

韓国最大手の自動車メーカーで、2013年には世界50大ブランド入りを果たしている。創立当初はフォードと提携した形で自動車を販売していた。安価で粗悪な印象だったが徐々に品質向上に成功し、現在は世界190カ国以上の国・地域で販売されている。2017年の販売台数は年間720万台で、世界第5位。

DATA
創業者:鄭 周永(チョン・ジュヨン) 創業年:1967年
総資産:218兆6000億ウォン
主な企業:現代自動車、起亜自動車、現代製鉄

3. SKグループ 崔 泰源(チェ・テウォン)

前身は、日本資本で朝鮮にできた企業と京都の企業が合弁で作った紡績・繊維会社。1973年に石油精製に進出し、その後は重化学工業や建設、通信業界などにも展開していった。韓国国内に野球、サッカー、バスケットボール、ハンドボール、eスポーツの5つの球団を保有し、SKスポーツが運営を行っている。

DATA
創業者:崔鍾建(チェ・ジョンゴン) 創業年:1953年
総資産:170兆7000億ウォン
主な企業:SK、SKイノベーション、SKエナジー

 

4. LGグループ 具光謨(グ・グァンモ)

金星社(Gold Star)として創業し、1995年にLGに改称した。1960年代には韓国で初めてのラジオや、白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどを次々と生産し、白モノ家電分野での地位を確立。いまや世界的に家電事業を展開していて、とくにエアコン部門や液晶部門では世界シェア上位を走りつづけている。

DATA
創業者:具仁会(グ・インフェ) 創業年:1958年
総資産:112兆3000億ウォン
主な企業:LGエレクトロニクス、LG商事、LG化学

5. ロッテグループ 重光 昭夫/韓国名:辛 東彬(シン・ドンビン)

日本でもおなじみのお菓子メーカーのロッテは、韓国出身の在日1世・重光武雄が東京都で創業。1965年の日韓国交正常化を機に韓国でもロッテグループを作り、製菓のほか、ホテル、百貨店、テーマパークの運営など多分野で成功を収めている。だが近年は後継者争いや賄賂問題などでお騒がせなイメージが強い。

DATA
創業者:重光 武雄/韓国名:辛 格浩 創業年:1948年
総資産:110兆8000億ウォン
主な企業:ロッテ製菓、ロッテ電子、ロッテ物産