職場の「ホウレンソウ」は時代遅れ、会社は「ザッソウ」で強くなる

雑談+相談の驚くべき効果
倉貫 義人 プロフィール

今こそ「引き算」の改革を!

仕事をする上で重要だと思われている「ホウレンソウ」を、改めて現代のビジネス環境をもとに見直してみると、実は変えても良いものと、本当に大事にすべきものが見えてくる。そして、これまでは無駄だと思われていた雑談の価値についても見直すことができるのだ。

 

今、人手不足や長時間労働の問題に直面して、多くの企業が働き方の見直しを迫られている。しかし、真面目な気質な日本人にとって、残業削減のために仕事を放り出すことは難しい。それどころか、環境の変化に対応するためにむしろ制度を増やそうとさえしてしまう。

しかし、それでは結局うまくいかない。どこかで破綻してしまうだろう。求められているのは、管理を過剰にしていく「足し算」とは真逆の「引き算」の改革ではないだろうか。

働き方を「そもそも論」から考え、これまでの常識を見直して、余計な「管理」はなくして、やめていくことこそが解決のアプローチなのではないか(管理を「引き算」していくためにこそ必要とされるのが「ザッソウ」というわけだ)。そうして、本当に大事な本質だけを追求することでこそ、高いコストパフォーマンスを実現できるだろう。

筆者の経営する株式会社ソニックガーデンでは、そうした引き算の取り組みを続けていくことで、究極的には「管理すること」をなくしてしまった。今は、管理職がいなくても成果をあげることのできる会社になった。

管理しないで成果は出るのか?そう思うかもしれないが、本来マネジメントとは管理することではなく、チームに成果をあげさせることだったはずだ。私たちが取り組んできた足跡を科学的に再現性をもって分析して手法化した一冊が『管理ゼロで成果はあがる』だ。

本稿で紹介した「ザッソウ」への雑談の見直しのほかに、やり方・生産性・タスク・やる気・信頼関係・会議・社内業務・価値の見直しを収録している。そうして生産的に働けるようにした次の段階は、管理をなくして自律的に働くための考え方とノウハウを。最終的には独創的に働けるまでのステップを示している。

「管理して働かせることに限界を感じている」「社員たちを幸せにしたいけれどやり方がわからない」こうした悩みを抱えている経営者やマネージャーの方はもちろん、「今の働き方を続けていっていいんだろうか」「人生100年の時代,この先どう働くと幸せだろう」そんなことを考え始めたビジネスパーソンの方にも読んでもらいたい。

こうした考え方がきっかけになって、組織や経営のあり方を見直す会社が増えて、ひとりでも多くの人が仕事を楽しむようになる社会が実現することを願っている。

関連記事