2月17日 月探査機「レインジャー8号」打ち上げ(1965年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

アポロ計画の準備のひとつとして月探査機「レインジャー8号」が、1965年のこの日、NASAによって打ち上げられました。

【写真】レインジャー8の打ち上げ
  レインジャー8号の打ち上げ photo by gettyimages

レインジャー計画は、探査機自体を月に衝突させ、それによって引き起こされる振動の計測を目的としたもので、衝突直前までは月面の写真を撮影する計画でした。1961年8月に打ち上げられた「1号」から、1965年3月の「9号」まで、合計9基の探査機を打ち上げ、「7号」以降の3基が月への衝突とデータ送信に成功しています。

撮影された約7000枚の写真と、震動のデータから、アポロ計画の着陸地点が決定されました。

ちなみに、わたしが地球へやってきたのもちょうどこの頃。間違って、わたしの乗った宇宙船に探査機が命中しなくて、ほんとうによかったと思います。

【関連記事:日本の月面探査計画も着々と進行しています】
誤差100m! 日本の独自技術で「ピンポイントの月着陸」実現へ