写真=JMPA

眞子さまの結婚問題、秋篠宮さまは永遠に「婚約」を認めないのか

元皇室担当記者だった僕だから分かる事

ひたすら「放置」のそのワケは……

小室圭さん(27歳)をめぐる騒ぎが、いっこうにおさまる気配が見えない。取り沙汰されている金銭トラブルに対し、1月22日に小室さんが弁護士事務所を通じて「釈明文」を公表したことがきっかけだが、3週間が経過した今も、テレビや週刊誌は連日ネタにしている。

「ありえない。解決していない段階で、あんな文章を公開するなんて……」
「そもそも順序が逆。当事者と話し合ったうえですべきことでしょう」

コメンテーターたちは、そんな常識論からの批判を繰り返すばかり。

そんなメディアでの報道を受けて、ネットユーザーたちのコメントもほぼ同じ傾向にある。Yahoo!ニュースで見つけたコメントには、

「そもそも400万円を返せないような人が、皇族と結婚するのは無理」

というストレートな意見には5桁もの「いいね」がついていた。結婚の意思を固めているお二人には大変申し訳ないが、「破談」から「ご辞退」までも切望する声が飛び交うのが、ネットニュースに寄せられた現在の国民感情なのである。

秋篠宮家の長女・眞子さま(27歳)との正式な婚約が延期となっている小室さんだが、その最大の理由は、母・佳代さん(52歳)と元婚約者(69歳)の間のこの金銭トラブルであることはこれまでの経緯からも明らかだ。

だが、小室さんが文書で公表した釈明や、メディアの報道される内容を見聞きする限り、僕は秋篠宮さまも、宮内庁も、眞子さまの婚約延期問題を、現状のまま放置し続ける道を選んだのではないか――と感じている。

放置するという言葉は、穏やかではないかもしれない。

けれど、ここまでケチのついた眞子さまの婚約内定後の問題を、秋篠宮さまが本気で解決したいという気持ちを持っているとすれば、宮内庁はとっくに解決に走っていることだろう。

そういうご意向があったうえで動いていれば、婚約の延期もなかっただろうし、今回の小室さんの釈明文が飛び出すこともなかっただろう。しかし、現実はそうした状況にない。放置され続けている。だから、とんでもない釈明文まで飛び出したのである。そこに、僕はこの騒動の深層があるととらえている。

 

宮内庁の伝統的体質

というのも、宮内庁というお役所は、両陛下や皇族方の課題については、そこにご意向があれば、なりふり構わぬ行動で動いていく役所だからだ。

一例を挙げさせていただこう。

現在の僕は、書籍の仕事を生業とするが、昭和から平成のお代替わりの前後十数年間、僕は皇室担当記者だった。出版社の雑誌記者にはめずらしい、皇室テーマだけを担当する専従の編集記者だった。

その間に体験したことからいうと、宮内庁は雑誌を報道機関とは認めていない。そのため、両陛下の記者会見はもちろん、各皇族方の誕生日の折の記者会見にも参加できない。認められていることは、行事へお出かけになる際の撮影取材くらいだった。 

写真=日本テニス協会

そんな扱いの一方で、皇太子さまと雅子さまの結婚問題が佳境に差しかかるタイミングで、雑誌社の多くが加盟する日本雑誌協会に対し、宮内庁は報道協定の締結を迫まったのである。1992年(平成4年)3月のことだった。背景には、皇太子妃選びが一気に動き出すことがあったからだ。

「雅子さまではだめなのでしょうか……」

という皇太子さまの意思を確認した当時の宮内庁幹部は、両陛下に報告のうえ、雅子さまを最優先のお相手として動くこととなった。

その際、お二人や宮内庁の動きが万が一にも漏れ、報道されることがないよう、正式な婚約発表があるまで報道を差し控える協定を、新聞社やテレビ局が加盟する新聞協会だけではなく、雑誌協会にも申し入れてきた。

つまり、宮内庁は報道機関と認めていないところにまで、報道協定を成立させるような論理性のない、ゴリ押し体質の役所なのである。