元経済ヤクザが解説「私ならあの時、ゴーン氏にこう助言した」

疑いを逃れるためには…

私がもし依頼されたなら…

日産元会長、カルロス・ゴーン氏(64)の事件は日々情報が更新され、細部についての報道・論調もメディアによって違う状況だ。とはいえ特別背任容疑においては、自ら行った投資の負債の担保として、証券を使った事実は揺るがない。

「経済界の巨人」への憧憬と親近感も手伝って、「私ならあの状況下で、ゴーン氏にどう指南したか」ということを考え続けている。

 

1月31日の日経新聞で、ゴーン氏のインタビューが報じられた。東京拘置所に収容されている最中でのインタビューということもあって、わずか1106文字の一問一答だったが、冒頭で日産の不正調査について問われると、ゴーン氏は「策略であり、反逆だ」と答え、自分に非がないと強く主張している。

ゴーン氏の特別背任容疑は、新生銀行との間で個人資産を金融派生商品で運用していたところ、リーマンショックの影響を受けて負債が生じたことに起因する。

その金融派生商品を日産に付け替えたが、証券取引等監視委員会から「違法」の指摘を受け、自身の資産管理会社に再移転。新生銀行の要望もあり、再移転の直前には、知人のハリド・ジュファリ氏から、「日産」に対する30億円の「SBL/C」(スタンドバイ・エルシー=信用状)を信用保証として差し入れてもらう。

その後、自ら決済できる「CEO予備費」から約16億円を、ジュファリ氏の会社に「販売促進費」として支払わせた。これがジュファリ氏への「謝礼」であり、個人の資産運用で生じたコストを日産に肩代わりさせた、というのが検察の見方だ。

【PHOTO】iStock

いまやルノーからも会長を解任され、「一被告」となったゴーン氏。闇の世界に生きていた人間として、心情的には東京地検特捜部よりゴーン氏にシンパシーを感じているのは、偽らざるところだ。

そこで、もしも私があのときゴーン氏に「投資顧問になって、助言してくれ」と依頼を受けていたとしたら、どう対応しただろうか――。

① ゴーン氏に疑惑の眼が及ばないように証券を差し入れ
②ジュファリ氏の負担を最小限にし
② 日産を巻き込まない

この3つを同時に満たす方法を自分なりに模索してみた。蛇の道は「猫」ということで、国際金融の世界に生きた、元経済ヤクザの腕の見せ所といえよう。
『元経済ヤクザも驚愕「ゴーン事件、カネの流れから見えて来るもの」』(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59508)では、私自身の実務経験を元に「SBL/C」について解説をした。今回はこの解説を読んでいただけたことを前提に進めたいと思う。

「リーマンショックの煽りを受け、投資で18億円超の評価損が生じ」「新生銀行から追加の担保を求められたゴーン氏が」「なぜSBL/Cを選択したのか」を考えてみたい。