〔photo〕gettyimages

邦銀株が「史上最安値更新」は買いか、逃げか?…その意外な答え

PBR1倍を下回る地銀株は高配当に

昨年の邦銀株の下落幅は、リーマンショック後最悪

昨年、邦銀株は、TOPIXを大きく超える28%の下落を記録した。

〔photo〕gettyimages

リーマンショックのあった2008年に記録した43%の下落以来、10年ぶりの暴落である。

平成期の30年間をみても、他業界の株価純資産倍率(PBR)が概ね1.0倍の清算価値で下げ止まるのに対し、邦銀株はこの10年間1.0倍を超えられずに推移している(図表1、2)。

特に昨年末にかけての下げはきつかった。

年が明けてからやや持ち直したものの、1月7日の前場終値ベースのPBRは0.4倍と、マイナス金利導入直後の2016年半ばにつけた過去最低圏をなかなか抜けられない。

 

東証のPBRランキングでは全銘柄中の最低位をほぼ独占している(図表3)。