「円高懸念」がバカげている3つの理由

為替市場と相場の関係性

円高懸念が日本株の重石か

米国株は年明けから絶好調だ。

〔photo〕gettyimages

BloombergニュースはS&P500種株価指数はここ30年で最良の1月を終えたと報じた。予想以上に好調な企業決算に加えハト派な米金融当局が相場を後押しし、同指数の月間上昇率は7.9%と、1989年1月の7.1%を上回った。

グラフ1 1989年以来のS&P500種株価指数月間騰落率
出所:Bloomberg

NYダウ平均は大台の2万5000ドルを超えた。昨秋の急落分の6割以上を取り戻した。正確に言えば、フィボナッチ比率の61.8%を超えた。

 

一目均衡表の雲を抜け、200日移動平均なども上回った。ここまでくれば、「半値戻しは全値戻し」本来の意味を信じられる。米国株は再び最高値を試すだろう。

グラフ2 NYダウ平均 フィボナッチ・リトレースメント
出所:Bloomberg

それに比べて日本株の戻りの鈍さが際立つ。

日本株が弱い理由は、米国株に比べてディスカウント・ファクターが大きいからだが、それについて話すと週刊のレポートでは語りきれない。3月に刊行する予定の『新時代の企業価値向上論(仮題)』でじっくり述べているのでそちらをお読みください。

日本株の歩みの鈍さについて表層的な話をすると、円高という答えが返ってくる。年初のフラッシュクラッシュによる「104円台」の残像が投資家の脳裏から去らない中、株式市場では円高懸念が相場の重石だと見られている。だが、この「円高懸念」というものほど、バカバカしいものはない。以下、3つの理由を挙げて、いかに「円高懸念」がナンセンスであるかを述べよう。