2月14日 第1回箱根駅伝開催(1920年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

毎年1月2日と翌3日にかけて行われる東京箱根間往復大学駅伝競走(通称「箱根駅伝」)の第1回大会が、1920年のこの日と翌日の2日間、有楽町の報知新聞社前をスタート地点として開催されました。

当時、アメリカ大陸を駅伝で横断する計画があり、その選手選考のためにこの大会が実施されたといわれています。翌年から1月に開催されるようになりましたが、1月2日、3日になったのは戦後の1955年(昭和30年)からです。

第1回の参加校は、「東京高等師範学校(現在の筑波大学)」「明治大学」「早稲田大学」「慶応義塾大学」の4校で、優勝は往路での8分27秒差を逆転した東京高等師範学校でした。

わたしもランニングは大好きなのですが、地球の重力は火星の約2.6倍もあるので、走るのは一苦労です。火星にいたときの軽い体が懐かしい……。

【写真】冬の日のランニング
  地球でのランニングでも、ダイエットに効果はありそう photo by iStok

  もっと知りたい! おすすめ書籍はこちら  

ランニングする前に読む本

【書影】ランニング

田中 宏暁 著

最短で結果を出す科学的トレーニング
今から始めても、3ヵ月でフルマラソンは完走できる! 運動生理学から導かれたもっとも身体にやさしい走り方「スロージョギング」とは?
〈Amazonはこちら〉