〔PHOTO〕gettyimages

米中貿易戦争、劣勢の中国がすがる「毛沢東式持久戦論」とは何か

時間を稼げば稼ぐほど…

共産党委員会からのメッセージ

中国は、今日(2月5日)が春節(旧正月)で、いまは一週間の連休(4日から10日)の真っ最中である。

中国中央テレビのニュースによると、「4億人の民族大移動」が起こっている。海外にも700万人も出掛けるという。日本の海外出国者数が毎月150万人前後なので、わずか1週間ほどで日本の4ヵ月分以上の人数が出国することになる。「爆買い」ならぬ「爆外」である。

中でも、海外旅行先ランキングで一番人気が日本だ。これは、中国の大手旅行代理店「携程」(シー・トリップ)がこのほど発表した「2019 春節出境遊ビザ人気・便利度ランキング」で示されたものだ。人気ランキングの棒グラフを見ると、日本は2位のタイを2倍近く引き離して、ダントツの1位になっている。

この日本への「民族小移動」(?)の一部を成して、私の中国の友人知人も続々、来日している。そのためこの時期、夜はほとんど毎日、中国人との会食だ。ここ数年、こうした傾向が続いている。

しかも、以前なら近所の適当な居酒屋に連れて行っても喜々としていたものだが、いまやスマホに搭載した中国のアプリで、行きたい店を指定してくるからやっかいだ。日本酒の銘柄を、5~10種類くらい言えたりもする。

そんな一人、北京で某名門大学の教授を務める友人が来日した。以前、中国共産党の学習に四苦八苦していると言っていたので、「この一週間くらい、『任務』を忘れてゆっくりしてよ」と水を向けた。すると彼は、やおら自分のスマホを取り出して、「微信」(WeChat)の受信欄を見せてくれた。微信は「中国版LINE」で、10億8000万人の中国人が、日常的に使っている。

画面上には、彼の所属先の共産党委員会から送られてきたメッセージが記されていた。

〈 春節連休中は、主に3つのことに心掛けてすごすように。第一に、習近平新時代の中国の特色ある社会主義思想を真摯に学習すること。第二に、家族の安寧と団欒を大切にすること。第三に、交通事故など不慮の事故に気をつけること 〉

中国においては、共産党は、家族や健康よりも上に来るのである。もしかしたら西洋におけるキリスト教、アラブ世界におけるイスラム教のような存在なのかもしれない。

そう言えば、北京へ行くと「有国才有家」(国があって初めて家庭がある)という標語を見かける。2015年4月には、王岐山副主席(当時は党中央紀律検査委員会書記)が、日本やアメリカから来た学者たち(フランシス・フクヤマ氏や青木昌彦氏ら)に、「習近平総書記は神である」と説いて、ひとしきり話題を呼んだことがあった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら