photo by Getty Images

中国政府、ついに公共交通機関を占拠する「身勝手中国人」と対決へ

春節を期に違法行為に罰則強化

小学校先生一家の鉄道旅行

「高速鉄道(略称:高鉄)」の列車番号G1747は、安徽省北部の蚌埠南(ぼうふみなみ)駅を始発とし、省都の合肥(ごうひ)駅を通り、湖北省と湖南省を経由して広東省の広州南駅を終点とする定期列車である。

G1747は始発の蚌埠南駅を15時40分に発車すると、次の淮南東(わいなんひがし)駅を経て、16時24分に合肥駅に到着し、合肥駅で20分間停車した後の16時44分に発車する。その後は一路南下して12カ所の途中駅を経て23時43分に終点の広州南駅に到着するのである

1年前の2018年1月5日、合肥市盧陽区に所在する「永紅路小学校」の指導課副主任である羅海麗(らかいれい)は、翌6日に広州市で行われるスポーツの試合に参加する小学校高学年の娘に夫婦で付き添い、親子3人で合肥駅発16時44分のG1747に乗って広州南駅へ向かう予定だった。

ところが、合肥駅へ向かうために乗ったタクシーが道を間違え、合肥駅に着いた時にはG1747の発車2分前だった。そこで彼女は娘と一緒に改札口へ走り、まだ開いていた改札口を一気に通り抜けて、G1747が停車するホームへ走り下りた。

夫はタクシー料金を支払った後に荷物を持って彼ら2人を追いかけたはずだが、列車の乗降口で待っていても後から来るべき夫は来ない。G1747の発車を知らせるベルは鳴り響いたが、羅海麗は夫が来るまでドアを開けておこうと考えて、身体を突っかい棒にしてドアが閉まるのを防いでいた。

G1747の発車時間が迫って改札口が閉められたため、恐らく夫は改札口で足止めを食っていると思われたので、夫に「急いでホームへ降りて」と電話を入れたが、夫は改札口が閉まっていて入場できないと答えるだけだった。

丁度そこに閉まっていないドアを見つけた駅員が急行して、彼女にドアを速やかに閉めるよう要請したので、改札口からホームまでは10秒あれば下りられるから、改札口へ連絡して足止めを食っている夫を入場させて欲しいと依頼したが、駅員は全く取り合おうとしなかった。

 

そうこうするうちに、急を聞いて集まった数人の駅員と鉄道警察官が羅海麗に向かって「これは高速鉄道であり、多くの人があんたを待っている。乗るなら乗る、降りるなら降りる、どちらか決めてくれ」と説得を続けたが、羅海麗は全く聞く耳を持たなかった。

仕方なく、駅員と鉄道公安官たちは連れの娘を列車から下ろした上で、羅海麗を列車から引きずり下ろしたが、彼女はホームに身体を倒して踏ん張ると、脚を伸ばして閉まるドアに差し込んだ。

これを見た駅員たちは羅海麗の脚がドアに挟まって怪我をしないようにと力を緩めたが、この隙に彼女は再び車内に半身を入れてドアが閉まらないようにした。最終的には列車長が羅海麗を強制的に列車から降ろして、彼女と娘はホームに残された。

G1747は16時49分にドアを閉めて所定の出発時間より約6分遅れの16時50分に合肥駅を発車したのだった。なお、当時、G1747の車内には521人の乗客がいた。