抗生物質の取りすぎで起こる「人体の異変」を知っていますか?

単なる風邪で抗生物質を飲んでいたら…
尾崎 彰一 プロフィール

免疫機能に働きかける腸内細菌たち

最近「腸内フローラ」や「腸内細菌叢(そう)」という⾔葉がメディアでよく取り上げられるようになった。腸内細菌の働きが、私たちの健康に⼤きな影響を及ぼしていることが、近年の研究で明らかになってきたからだ。

⼈体は、そこに住む100兆個とも⾔われる常在細菌たちとの集合体であり、共存共栄の関係であることがわかってきた。⼈間は、常在細菌なしでは⽣命として⽣存できない。

⼈間と微⽣物(常在細菌)の関係で、最も重要な要素が「免疫機能」への働きかけだ。私たちの免疫系は、外部から侵⼊した細菌やウイルスを排除する攻撃的な細胞と、その逆に免疫の働きを抑制する細胞がバランスを保ち、⾝体の状況に応じて、活性化と抑制を繰り返して成り⽴っている。

腸内に500〜1000種いるという常在細菌は、この免疫細胞の働きと密接な関係がある。抗⽣物質により、常在細菌の多様性や種類の変化、数の⼤幅な減少が起きると、免疫細胞の働きにも影響する。

免疫の働きが強ければ良いのでは?と考えてしまいがちだが、強すぎる攻撃性は外敵だけでなく、“⾃⼰の細胞までも破壊”してしまい、まさに暴⾛を⽌められない状態になる。

実験室で⽣育した無菌状態のマウスは、正常に免疫が発達せず、外部の環境に出すと細菌を排除できずに死んでしまうということからも、その重要性がわかる。

このように免疫細胞の調整が効かなくなると、近年患者数が増加している1型糖尿病や関節リウマチ、バセドウ病、多発性硬化症などの⾃⼰免疫疾患と呼ばれる症状が起きてしまう可能性があるという。また、花粉症や喘息などのアレルギー疾患も、免疫機能の調整に異常をきたしてきていることによるケースが多い。

これらの疾患は、近年増加傾向にある。そしてそれは“抗⽣物質が普及し、使⽤量が増加の⼀途を辿る時代とまさに⼀致する”のである。

 

抗生物質を家畜に投与すると成長が促進される

抗生物質の使用は今やヒトに対する医療目的だけではない。ヒトの2倍以上使用されているのが家畜への投与である。しかもその多くが「成⻑促進剤」としての使用である。

photo by iStock

治療容量以下の抗生物質を定期的に投与したり、餌となる飼料に混ぜたりして使用すると、その家畜の体重がおよそ10%~20%ほど増加する。その分出荷量が増えて利益に繋がる。

また製薬会社もヒトの医療用として抗生物質を販売するより家畜用として販売する方が、継続して大量に販売できるため効率がよい。

抗生物質の使用量は、世界的に増え続けている。特に中国は、全世界の抗生物質の使用量の50%を消費する。その内訳は、医療用もさることながら、家畜や水産養殖の分野で半分を占めるというから驚くばかりだ。

ちなみに日本では、2012年度のデータによると計1,693トンの抗生物質が使用されている。内訳はヒト医療用517トン、家畜医療用727トン、家畜飼料添加物175トン、水産182トン、ペット医療1トン、農薬91トンである。

人に対するよりもはるかに多く家畜や養殖魚に投与された抗生物質はどこに行くのか。その一部が牛乳や肉と一緒に、私たちの体の中に入ってくる可能性はないのか。

抗生物質は知らずに摂取しているかもしれない

EUでは、2006年に成⻑促進目的での家畜への抗生物質の使用を禁止した。日本を含め、世界的にいずれ禁止になる可能性もあると思われるが、業界の反発を乗り越えられるかは不透明だ。まだまだ時間を要することは間違いない。

乳牛は⻩色ブドウ球菌によって乳房炎になることがあり、抗生物質を使用することが多い。この場合、抗生物質で治療した乳牛の乳は、一定期間出荷できないこととなっている。また鶏は産卵中の抗生物質の使用を規制していたり、牛や豚は屠殺前の抗生物質の使用を禁止していたりと規制がある。

これは、牛乳や卵、食肉に抗生物質が残留しないようにする為の規制だが、現実にどの程度徹底されているのか、一般消費者が知るすべは殆ど無いだろう。それ以前に、食べものの中に抗生物質が入っているなんて、気にしたこともないというのが現実ではないだろうか。

水産業界でも養殖場において抗生物質が大量に使われている。特にアジア圏の養殖場では、検査・管理体制が不十分なことから、抗生物質に汚染された魚が平然と出荷されているケースもあるというから怖い。

残留量がどれほどなのか、もしかすると微量かも知れないが、医者にかからずとも、知らず知らずのうちに食品や飲料から、しかも継続的に抗生物質を取り込んでいる可能性も否定できない。