photo by iStock

抗生物質の取りすぎで起こる「人体の異変」を知っていますか?

単なる風邪で抗生物質を飲んでいたら…

スコットランドの細菌学者、アレクサンダー・フレミングの名前を聞いて、その偉大な功績が思い浮かぶ人がどれだけいるだろうか。

photo by iStock

1928年、後に世界中の多くの命を救う大発見は、全くの偶然からであった。休暇から帰ってきたフレミングの雑然と散らかった研究室には、ブドウ球菌が培養されていたペトリ皿が置かれていた。その皿には、休暇期間中放置されていたために、綿埃のようなカビが生えてしまっていた。

よく見ると、そのカビの周りにだけブドウ球菌が繁殖しておらず、リング状の空地ができている。これを見たフレミングは、「カビがブドウ球菌を殺菌する何らかの物質を産生しているのではないか」と気づいたのだった。

そのカビの名前はぺニシリウム。世界で最初の抗生物質「ぺニシリン」発見の瞬間だった。

 

抗生物質がもたらした新たな世界

第⼆次世界⼤戦の勃発により、抗⽣物質の製剤開発は加速する。戦争で戦死する兵⼠よりも、戦場で傷を負い感染症で亡くなってしまう兵⼠の⽅が多く、抗⽣物質の開発は緊急を要する国家プロジェクトとなった。

抗⽣物質の開発とはすなわち、産⽣量の多いカビ探しであった。フレミング⾃⾝、ペニシリンの精製に成功することはなく、その後10年間彼の発⾒は忘れ去られていた。

1940年になってようやくハワード・フローリーとエルンスト・ボリス・チェーンが率いる研究チームが、ペニシリン量産の⽅法開発に乗り出した。しかし当初、培養液1ミリリットルあたりわずか4単位という有り様だったという。

1943年、イギリスの研究チームに1⼈の主婦が持ち込んだメロンの⻘カビが奇跡を起こす。このカビの変異株はそれまでの5万倍もの量を産⽣することができ、翌年には1000億単位のペニシリンが量産できるようになったのだ。現在ペニシリンを産⽣するすべての株は、この時の⻘カビの⼦孫だという。

これ以降、ペニシリンの他にもいくつもの抗菌物質が⾒つかった。1944年には、結核に効果のある抗⽣物質「ストレプトマイシン」が開発され、世界中で多くの死者を出してきた結核を激減させた。

ペニシリンの研究における功績により、フレミング、フローリー、チェーンの3⼈は1945年に、「魔法の弾丸」と呼ばれたストレプトマイシンの発⾒に貢献したアメリカの微⽣物学者セルマン・ワクスマンは1952年に、ノーベル⽣理学・医学賞を受賞している。

それほど抗⽣物質の発⾒と実⽤化は、医学の世界を⼀変する出来事だったのだ。

ほとんどの風邪に抗生物質は効かない

医学は劇的に進歩した。致死的であった細菌感染症が治療できるようになり、難しい外科⼿術も細菌感染を防ぐことで可能となった。

重篤な細菌感染症であればすぐに抗⽣物質を投与しなければならないし、細菌による⼆次感染の可能性があるならば予防的に処⽅する必要がある。しかし、抗⽣物質がまるで万能薬であるかのごとく、簡単に処⽅される現在の医療のあり⽅には問題がある。

抗⽣物質というのは、細菌の細胞壁や細胞膜の合成を阻害することで、細菌の増殖を防ぐ。⼀⽅で、細胞壁や細胞膜をもたない単純な構造をした“ウイルス”(⼀般的な⾵邪のライノウイルスやインフルエンザウイルスなど)感染には、効果がない。

しかし内科や⼩児科では、⿐⽔がでたり喉の痛みがあったりと軽い症状でも、ウイルス感染か細菌感染かの判断も曖昧なまま、”取り敢えず”抗⽣物質を処⽅する。患者の側も「せっかく病院に来たんだし、念の為に抗⽣物質をもらっておこう」となってしまっている。

抗⽣物質には副作⽤がある。私たちが健康を保つのに重要な細菌(善⽟菌とも⾔われる)をも殺菌してしまうのだ。