photo by 西田 宗千佳

映像技術の新常識!8Kとスマートグラスが変える「没入感」の世界

ラスベガス取材で見た次世代AVの驚異

「次なるテクノロジーの進化」

我々は、「ディスプレイ」に囲まれて生活している。

スマートフォンやタブレット、パソコンはもちろん、テレビも欠かすことはできない。街中を歩けば多数のサイネージ(広告用ディスプレイ)があり、券売機や自販機もディスプレイが必須になってきた。

このように、我々の生活を支えるさまざまな機器は「ディスプレイ」とセットで成り立っており、ディスプレイテクノロジーの変化が、家電ビジネスを変えていく。

1月8日から11日まで、米・ラスベガスで開催されたテクノロジーイベント「CES 2019」では、その一端が示された。スマホもテレビも当たり前になった今、次に私たちの生活を変えるものは、「ディスプレイの進化」とともに生まれて来ることになりそうだ。

現地取材した筆者が、会場で実際に体感した印象も含めて、最新事情をリポートする。

アメリカで進む「テレビの超大型化」

今回のCESでは、大手家電メーカーのほとんどが、75インチ以上で8K解像度のテレビを展示した。

理由はシンプルで、「売れるから」。

ソニー、LG、サムスンはそろって、「2018年、アメリカでは、75インチ以上のテレビの市場が前年比で2倍に拡大した」とコメントしている。もともと大型志向の強いアメリカでは、量販店でも、50型は「中型」扱い。プレミアム製品で利益率の高いビジネスを狙うトップメーカーにとって、「超大型」こそ、収益確保の道なのだ。

【写真】LGエレクトロニクスの88インチ8Kテレビ
  LGエレクトロニクスの88インチ8Kテレビ。各社がこうした「超大型」高級テレビを多数発表した
【写真】ソニーの8Kテレビ「BRAVIA Z9G」
  ソニーの8Kテレビ「BRAVIA Z9G」。最も大きいモデルは98インチで、人の身長とほぼ変わらないくらいのサイズになる

背景には、製造面からの事情もある。

中国・BOEなどの液晶パネルメーカーでは、「10.5世代」とよばれる工場の稼働が本格化している。10.5世代工場では、2940mm×3370mmのガラスを使って液晶を製造する。世代が進むに従って大きなガラスを使えるようになり、結果として「大きなディスプレイパネル」の製造コストが低下していく。

ソニーでテレビの商品企画責任者を務める、ソニービジュアルプロダクツ・企画マーケティング部門・部門長の長尾和芳氏は、「10.5世代の液晶工場が稼働してくると、プレミアムとしての中心は65/75型になり、55型はかなりコモディティ化する。65型、できれば75型サイズの市場でビジネス的な優位性を確保したい」と話す。

では、ディスプレイの超大型化と8Kには、どういう関係があるのだろうか? ──大ありなのだ。

ディスプレイの大型化は、画面を構成する「画素」の大型化でもある。画素が大型化すると、そのぶん映像が荒く感じる。このことは、2Kから4Kになるときにも起きたのだが、75型を超える超大型テレビではさらに深刻になる。

人間の目はドットそのものを見ているわけではないが、現在のディスプレイはドットの集まりでできている。その境目の不自然さが、商品性に影響してくるのだ。

現状では、8Kコンテンツはほとんど存在しない。日本国内ではNHKがなんとか放送しているものの、他国では8K放送の予定はなく、ネット配信すら想定されていない。

ようやく普及し始めた4Kのコンテンツをソフト的な処理によって映像のディテールを補い、もともとの解像度よりも大きな解像度のものに拡大したときでも画質を維持・向上できる「超解像」技術で8K化する──。これで、大型になっても画質が下がることは少ない……、こう見られているのである。