元警察庁キャリア官僚が執筆…告発ノベル『官邸ポリス』の読みどころ

官邸の内幕を描いた…!? 

極秘チームがモデル

ノンフィクション小説の醍醐味を、遺憾なく味合わせてくれたのが、『官邸ポリス』(幕蓮著)である。

帯に書かれた「本書の92%は現実である」という著者の言葉は、「官邸ポリス」が取り上げ、捜査した事件を精査すれば、官邸内部に生息していた著者の「自負」であることがわかる。

だから、怖いーー。

それが、本書で語られた「御用記者の逮捕状」「夜の街を彷徨う事務次官」「奔放な総理夫人の後始末」「尾行された東京地検特捜部」などを、取材記者として“後追い”してきた私の偽らざる思いである。

「官邸ポリス」とは、内閣官房副長官の瀬戸弘和をトップに、内閣情報官の工藤茂雄らが支える極秘チームであり、現実に組織化されているわけではない。

だが、瀬戸のモデルが杉田和博官房副長官、工藤のモデルが北村滋内閣情報官であることは容易にわかる。

 

本書は、実在する彼等が、検察、警察などの捜査機関、霞が関の官僚機構、週刊誌を含むメディアを操作しながら、安倍晋三政権を支える物語。それが、「安倍一強」の現実だけに、歪みと捉えることもできる。

優れた「リアル告発ノベル」であるがゆえに浮かび上がった怖さと歪みを、文部科学省事件で検証したい。

第一章で、「官邸ポリス」の主要メンバーを紹介した著者は、文科省事件の内幕を次のように語る。

東京医大裏口入学の情報を、管掌する内閣情報調査室経由で掴んだ工藤は、その情報を警視庁捜査2課に流し、最後は東京地検特捜部に花を持たせる形で託し、立件した。著者は瀬戸にこういわせている。

「文科省が、ここまで腐っているとは思わなかった。内閣人事局長たる俺に逆らって天下りを仕切っていた前田事務次官にしても、今回の佐野にしても、本当にふざけている」

特捜部は、東京医大の裏口入学に絡み、文科省前局長の佐野太被告を受託収賄罪、その幇助罪で「霞が関ブローカー」の谷口浩司被告を起訴した。贈賄側は東京医大前理事長の臼井正彦被告、前学長の鈴木衛被告だった。

続いて特捜部は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に出向中、谷口被告に便宜を図り、見返りに140万円相当の接待を受けたという収賄罪で前統括官の川端和明被告を起訴した。贈賄側は谷口被告である。

昨年7月に発覚した文科省事件は、他にも谷口被告と現在は海外逃亡中の古藤信一郎容疑者から戸谷一夫事務次官など多くの官僚が接待を受けていたことが判明、4人が処分され、戸谷は責任を取って辞任した。

事件の発端は、瀬戸の「ふざけている」という思いから発しており、その思いは前田こと前川喜平元事務次官の奔放な言動を苦々しく思っていた瀬戸が、工藤に命じて警察OBの探偵社を使って前川の行動を確認、夜な夜な歌舞伎町の出会い系バーに出入りしていることを掴んだ時から決定的になった。

「官邸ポリス」にとって「霞が関ブローカー」として、文科省だけでなく厚労省、国交省、経産省、総務省など数多くの官僚を籠絡していた谷口被告らの罪を問う対象は、生意気で風紀の乱れた前田が事務次官を務めた文科省でなければならなかった。

工藤は、瀬戸の「ふざけるな発言」に続いて、こう述べた。

「彼等(文科省)のお陰で、世間は官僚に対して、より厳しい視線を向けるようになり、『官邸、頼むぞ』となる。すると、官邸を裏で動かす我々には都合がいいじゃないですか」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら