photo by iStock
# 健康

冬こそ「隠れ脱水」に要注意! やってはいけない水分補給法

ペットボトルの水では解決しない
「脱水は夏のもの」というのは嘘――2019年冬、乾燥注意報が続いているが、乾きはインフルエンザの誘因になり、体の「渇き」にもつながる。乾燥状態の日本の冬はその渇きを加速させるので、あなたも「隠れ脱水」になっている可能性が高い。そのうえ、間違った水分補給法をしている人もたくさん……ダナ・コーエン医学博士が科学的エビデンスに基づく水分補給法を指南します!

あなたは隠れ脱水? すぐわかるチェックリスト

軽い脱水は「老い」と「疲労」、そして「肥満」の原因となる。頭をぼんやりさせ、集中力を奪う。

人間は食物がなくても2ヵ月は生きられるが、水なしだとたった数日で死んでしまう。それなのに、私たちは空腹より渇きに鈍感だ。「喉が渇いた」と感じた時点で、もうSOSサインが出ている。

調査によれば、米国人のおよそ75%が「隠れ脱水」に陥っているとされ、平常でさえ現代人はカラカラなのだ。乾燥状態の日本の冬は、その渇きを加速させる。

 

次のなかにあてはまるものがあれば、あなたは「隠れ脱水」になっている可能性が高い。

*長時間、動かず、じっと座っていることが多い
*弁当、お惣菜、レトルト食品、冷凍食品、カップ麺など、加工食品をよく食べる
*薬を飲んでいる(風邪薬、アレルギー予防薬、睡眠導入剤、市販薬)
*運動不足だ
*午後になると疲れやすい

午後3時には、脱水状態になる?

デスクワークなどで長時間、動かないままでいると、細胞への水分供給と老廃物排出がうまくいかなくなってしまう。

体の水分量の2%、つまり1リットル足らずの水が体内から減少しただけで、脳は乾き、軽い認知障害が起きることがわかっている。

9時からデスクワークを始めた人は、午後3時頃には軽い脱水に陥っているという研究データもある。こうして私たちは日々、脱水している。繰り返し渇くことで、仕事のパフォーマンスは下がり、老化が進む。