F-35(航空自衛隊公式サイトより)

事実上の軍隊へ…?自衛隊の「専守防衛」はもはや風前の灯火だ

今年から「敵基地攻撃」能力をもつ

今年4月から施行される、新「防衛計画の大綱」(大綱)、「中期防衛力整備計画」(中期防)による自衛隊の「変化」で、見逃されている重要なポイントがある。

それは「航空自衛隊の戦闘機は、空中戦専門のF15戦闘機を含めて、すべて対地・対艦攻撃が可能な『戦闘攻撃機』に切り替わる」という事実である。

敵のレーダーを攪乱させる電子戦機も保有することから、自衛隊は今後、米軍に頼ることなく単独でも「敵基地攻撃」能力を持つことになる。

護衛艦「いずも」の空母化ばかりに目が奪われがちだが、今まさに自衛隊は、空母保有を含めて攻撃的な兵器体系に移行しようとしている。事実上の「軍隊」を目指す方向性が鮮明に打ち出され、「専守防衛」は風前の灯火となりつつある。

 

「戦闘機」から「戦闘攻撃機」へ

昨年12月18日に行われた大綱、中期防の閣議決定に合わせて、同日、次のような閣議了解があった。

「F35Aの取得数42機を147機とし、平成31年度以降の取得は、完成機輸入によることとする。(略)新たな取得数のうち、42機については、短距離離陸・垂直着陸機能を有する戦闘機の整備に替え得るものとする」

解説が必要だろう。

米国製の新型戦闘機F35Aは、老朽化したF4戦闘機の代替として42機の導入が始まっている。105機も追加するのは、F15戦闘機のうち改修不能なタイプの99機と入れ換えるためだ。ただし追加の105機のうち、42機は垂直離着陸ができるF35Bにする、というのだ。

F35Bと機種を特定していないのは、まだ機種選定手続きが行われていないためだが、他に候補機は存在しないのだから、公平性を装う一種の茶番でしかない。ともかく、この閣議了解を受けて、航空自衛隊の「戦闘機」はすべて「戦闘攻撃機」に生まれ変わることになる。

米空軍のF35(Photo by gettyimages)

2018年3月31日現在、航空自衛隊の戦闘機は、空中戦の専用機で対地・対艦攻撃ができないF15が201機。一方、対地・対艦攻撃もできるF2、F4、F35Aは合計148機にとどまるため、航空自衛隊が空中戦に力を入れていることがわかる。

これは航空自衛隊の主任務が、他国の軍用機に日本の領空を侵犯させない「対領空侵犯措置」にあるからだ。

各基地の戦闘機は、日本の領空より外側に設けられた防空識別圏に入り込む他国の軍用機に対してスクランブル発進し、領空侵犯を未然に防止する。スクランブルのための緊急発進待機は、三沢基地に配備されて間もないF35Aを除く、3機種すべてで実施している。

本来の空軍力においては、ミサイルや爆弾を投下して敵を制圧する打撃力が特に重要視されるが、自衛隊は守りに徹するため、「航空自衛隊というより空中自衛隊だ」と自らを揶揄する航空自衛隊幹部もいた。それも間もなく、過去の話になる。

今回の閣議了解と大綱、中期防により、改修できないタイプのF15は長射程の巡航ミサイル「JSM」を搭載できるF35A、F35Bと入れ換わる。また別の巡航ミサイルの「JASSM(ジャズム)」と「LRASM(ロラズム)」は、改修できるタイプのF15とF2への搭載を目指す。

これにより、F35A、F35B、F15、F2という4機種すべてが巡航ミサイルを搭載できるようになる。

米空軍の「JASSM」

ちなみにJSMはノルウェー製で射程が500kmあり、JASSMとLRASMの射程はともに900kmもある。これらのミサイルを、航空自衛隊の戦闘機に搭載して日本海から発射すれば北朝鮮に届き、また東シナ海から発射すれば中国にまで届く。

ノルウェー軍のJSM(CC BY-ND 2.0)

これまで政府は「他国に脅威を与えるような大陸間弾道弾、長距離爆撃機、攻撃型空母は保有できない」と説明してきたが、「戦闘攻撃機と巡航ミサイルの組み合わせ」は実質的に「長距離爆撃機の保有」と何ら変わりない。

遂に自衛隊が「敵基地攻撃」能力を持つことになるのだ。