Photo by iStock

1970年代テレビドラマ「いまじゃ考えられない」驚きのシーン

日本のおふくろ、本物の刑事がいた

家族も友人もみんなが見ていた。学校や会社の休憩時間には、前夜のテレビドラマの話で大盛り上がり。'70年代はドラマが共通の話題であり、人生の教科書だった。あの名作たちをプレイバックする。

京塚昌子の割烹着姿

'70年代、テレビは最大の娯楽であり、ドラマ黄金期だった。カラーテレビが普及し、夜はお茶の間に家族が集合して、ドラマを楽しんでいた。

特に'70年代前半はホームドラマの全盛期。そこには「理想のおふくろ」が生き生きと描かれていた。その代表格が、『肝っ玉かあさん』である。

「おふくろの味、蕎麦の味~」

このフレーズが耳に残っている人は多いだろう。

Photo by iStock

戦後すぐに夫に先立たれ、女手一つで東京・原宿の蕎麦屋「大正庵」を切り盛りする五三子を演じたのは、京塚昌子である。ふくよかな身体に愛嬌のある笑顔。日本一、白い割烹着が似合った。

「京塚昌子さんは、いまでいうマツコ・デラックスのように恰幅よく存在感大。昭和の母親を見事に演じていました」(TVライター・桧山珠美氏)

ドラマ開始時、京塚は38歳で、息子役の山口崇は32歳。しかも実際の彼女は未婚だった。だが、堂々たる演技力で、2人の子どもを育てあげた母親役に違和感はまったくなかった。

親子のやりとりが、ドラマの見どころ。京塚が思春期の娘(沢田雅美)に、こう諭すシーンがある。

「若い人とね、歳取った人の考え方や気持ちが違うっていうのは当たり前なのよ。だけど、そのために言葉があんのよ。話し合いがあるのよ。思いやりの心があるんですよ」

京塚のセリフはじんわりと心に沁みた。

 

『肝っ玉かあさん』のプロデューサー・石井ふく子氏が同時期に手がけたのが、水前寺清子主演の『ありがとう』

「水前寺が歌手だからか、劇中の公園のシーンなどで、いきなりミュージカルのように歌い出すような場面があり、不思議でした。今思えば斬新な演出ですね」(桧山氏)

このドラマで水前寺の母親役を演じたのは、山岡久乃。優しさと厳しさを併せ持つ名女優だが、彼女も生涯独身である。その演技は圧巻だ。

「山岡と水前寺の親子喧嘩のシーンがよくありました。夕食のときに喧嘩になって、母親がせっかく作った料理がのったお膳を水前寺がひっくり返してしまい、後悔して、仲直りしようとするパターンが繰り返されます。

その流れが自然で、二人は本当の親子なのではと思わされるほど。シリーズの後半は水前寺が石坂浩二演じる男性と結婚して、山岡が娘を送り出す。この展開に視聴者はしんみりとした気持ちになるんです」(テレビドラマ研究家・古崎康成氏)