「夫婦の愛」を皆が恨み始めた…ドラマで振り返る2018年の日本

そして、2019年期待のドラマ
堀井 憲一郎 プロフィール

若手女優では、杉咲花と松本穂香が次を期待させる女優になった。

吉岡里帆は2本に主演したのだが(『きみが心に棲みついた』『健康で文化的な最低限度の生活』)どちらもちょっとぱっとしなかった。この先が勝負どころになってくる。

2019年1月のドラマも始まっている。女優に注目してみると、ベテラン主演の“大型”企画なドラマが目立つ。

木村佳乃『後妻業』、深田恭子『初めて恋をした日に読む話』、竹内結子『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』、常盤貴子『グッドワイフ』という面々でなかなかすごい。この1月は重厚な女優たちのクールという感じがする。

そのなかで若手と言えるのは、北川景子『家売るオンナの逆襲』、杉咲花『ハケン占い師アタル』、高畑充希『メゾン・ド・ポリス』あたりで、北川景子を若手といっていいのかちょっと微妙だし、高畑充希はおじさん俳優を取り回す役ではあるけれど、楽しみである。