Photo by iStock

2025年「大きくなる会社」「小さくなる会社」全366社を公開!

トヨタ・みずほ・伊藤忠など全実名公開

2025年、日本の業界地図は大きく塗り替えられている。大企業が次々と消え去り、これまで見向きもされなかった企業が覇権を握る。本当に強い会社は果たしてどこなのか――。

〔photo〕iStock

自動車業界を襲う「衝撃的変化」

2025年の日本では果たしてどの会社が大きくなり、どの会社が小さくなっているのか。その一端が、自動車業界の行く末を予測することで見えてくる。

トヨタだけが2025年にもかろうじて生き残っているだろう」と衝撃的な未来を語るのは百年コンサルティング株式会社代表の鈴木貴博氏だ。

 

原因は「EV(電気自動車)化」と「自動運転」が急速に進んでいくこと。地球温暖化対策の枠組みを取り決めたパリ協定を遵守するため、2020年代にはヨーロッパでガソリン車が姿を消し、EV車に変わっていくと見られている。

また中国も大気汚染が問題となっているためEV化が急ピッチで進められている。

世界的にEVとAI(人工知能)の自動運転技術を組み合わせた車が主流になっていくのだ。

「そこで問題となるのが、誰でも簡単に車を作れる時代になるということです。これまで自動車業界では、エンジンを作れる大手企業だけが生き残ってきた。しかし、EV車はモーターと蓄電池を買ってくれば誰にでも作ることができる。

さらに、大手自動車メーカーはこぞって自動運転技術の自社開発を進めていますが、どんなに頑張っても所詮グーグルには敵いません」(鈴木氏)

専売特許を奪われる大手自動車メーカー。そこに追い討ちをかけるのが「シェアリングエコノミー」の広がりだ。シェアリングエコノミーとはモノやサービスを多くの人と共有、交換して利用する経済活動のことだ。

「シェアリングエコノミーの広がりによって『所有』に絡む産業は加速度的になくなる。小売り関係の業界は軒並み縮小していきます」(ベンチャーキャピタリスト・古我知史氏)