発達障害の人も挫折しない「片づけ」、 必要なのは3ステップだけ!

当事者ならではの"片づけスキル"
からだとこころ編集部 プロフィール

まずは、財布で"プレレッスン"!

村上さんの片づけの極意をわかりやすくまとめたのが『発達障害の人の「片づけスキル」を伸ばす本〜アスペルガー、ADHD、LD……片づけが苦手でもうまくいく!〜』です。

プレレッスン」と称して財布、ポーチ、バッグで片づけの基本をしっかり学び、〈場所を決める〉〈量を決める〉〈入れ方を決める〉の3つのステップに沿って、自然と片づけのスキルが身につけられます。これまで、何度も片づけに挫折した人にこそ参考になるはずです。

3つのステップがさまざまな具体例で解説されているので、何をどう片づけてよいのかがよくわかります。また、全篇にわたって、ツボを得たイラストと、よくあるシーンに思わずにんまりしてしまうマンガで、スラスラ読み進められそうです。

最後に、村上さんの実体験に裏付けられた本書は、片づけに目覚め、ご自身がスキルを伸ばしていく過程が反映され、とても興味深いものがあります。ご自身の特性を生かした格好例ともいえるのではないでしょか。

さて、片づけのスキルもぐんぐん伸びたことだし、さっそく、この散らかったリビングを片づけますか!

え? まだ早いって? あ、そうそう、そうでした。まずは、財布でプレレッスン、でした。レシートメタボな私の財布は、どこにいったかな……

【イラスト】バッグは部屋の状態を示す鏡
  バッグは部屋の状態を映す鏡。まずは、財布やバッグの中の整理でプレレッスン
 ■本記事でとりあげた書籍はこちら■ 

発達障害の人の「片づけスキル」を伸ばす本
アスペルガー、ADHD、LD……片づけが苦手でもうまくいく!

【書影】発達障害の「片づけスキル」を伸ばす本

村上 由美 著

 書籍詳細はこちら     Amazonはこちら 

片づけや整理整頓についての本を読んでその通りにやってみたけれど、どうもうまくいかなかったという人、現状を変えたいけれど、どこから手をつければいいのかわからないという人へ。本書には、アスペルガー症候群の当事者である著者ならではの工夫によってできあがった挫折しない「片づけのしくみ」を作るコツがつまっています。