発達障害の人も挫折しない「片づけ」、 必要なのは3ステップだけ!

当事者ならではの"片づけスキル"
からだとこころ編集部 プロフィール

「場所」「量」「入れ方」を決める

要・不要の判断に迷って片づけられない人は、村上さん、何から始めればいいのでしょうか?

まず重要なのは、ものの「しまい場所」です。使いたいときにすぐに出せる場所、しまうのを面倒に感じなくてもすむ場所にしまうことで、使いやすく、散らかりにくくなるからです。

なるほど、普段使うことを考えて「場所を決める」のですね。片づけたあとの「きれいさ」ばかり考えていて、使う時のことをあまり考えていませんでした。

しまい場所が決まったら、そこに入れる量を決めます。(中略)しまい場所からあふれるほどものがあると、どうしても散らかってしまいます。多くの人の場合は、「しまい場所に入るだけの量に減らす」ことになるでしょう。

「場所を決める」ことができれば、ここにはこのくらいしか入らない、という尺度になるので「量を決める」ことができますね!

場所も量も決まったら、最後は「どう入れるか」です。引き出しにぎっしり詰めたり、ただ積み上げておいたりするのでは、取り出しにくいうえにしまいにくくなってしまい、散らかる原因になります。

「入れ方を決める」ことをいい加減にして、ぎっしり詰めた引き出しは、出し入れしにくいから、次にしまうときはもっといい加減になります。積み上げた書類や本は、下の物を取り出すときになだれを起こしたりしますね。

この「場所を決める」「量を決める」「入れ方を決める」という3つのステップを踏んで片づけができれば、結婚や引っ越しなど、ライフスタイルの変化によるものの量や収納方法の変更にも柔軟に対応できると、村上さんはいいます。

【イラスト(マンガ)】3つのステップ、レジ袋でやってみた
  レジ袋でやってみた "目からウロコ"の3ステップ マンガの拡大画像はこちら

なるほど、これならできそうだ。ではさっそく、片づけ始めますか!

え? ちょっと待てって?

3ステップを実行するためのルールを作る

これらのステップを実行するためには、片づけのルールを具体的に決めていくことが必要になります。

確かに、片づけには「場所を決める」「量を決める」「入れ方を決める」の3ステップが必要ということはわかったけど、具体的にどんな作業をすればいいのか、って言われると……。だから、今まで気合いを入れて片づけても、すぐにまた散らかってしまったのか。

村上さんは、どうやってルールを決めたんですか。

自分の普段の行動を見直して、片づかないのは、どんな問題があるかを洗い出してみました。次に、その問題が起こっている理由を考えてみました。

起こっている問題の理由を洗い出し、その解決策から、こんなルールを導き出したそうです。

【問題1】 使ったものを元の場所に戻せない
【理由】 しまうまでの動作が多いからおっくうになる、つまり使用頻度や動線を考えてものを置いていないため
→【ルール1〈場所を決める〉】 もののしまい場所(定位置)は、それをよく使う場所の近くに設定する

【問題2】 行き場のないものがあふれている
【理由】 しまい場所を確保せずにものを買ってしまうから
【ルール2〈量を決める〉】 しまい場所を確保できない場合は、ものを買うのをあきらめる

【問題3】 必要なものがすぐに取り出せない
【理由】 ものを寝かせて(横にして)入れているので、下のほうに入っているものが出しにくいから
→【ルール3〈入れ方を決める〉】 ものはできるだけ立てて収納し、重ねない

なるほど、散らかる=片づかないという問題とその理由(原因)をはっきりさせてから、そうならないように解決策を考えれば具体的なルールができますね!

【写真】片付いた状態を維持するためにもルールが必要
  片づいた状態をキープするにはルールも必要 photo by iStock

村上さんの抱えていた問題は、私も含め、多くの人が片づけでつまずいているところでしょう。このルールは非常にシンプルなので、だれにとっても役に立ちそうですね。

ここまでシステマチックにまとめあげた村上さん、もともと片づけは得意中の得意なのでしょうね。