Photo by Pixabay

プラごみ「リサイクル」ではなく「徹底削減」が最優先だ! その理由

トップ研究者はなぜ発言を続けるのか
このままでは海洋生物の総重量を超えるとされるプラスチックごみ。でも、体内に入ったところでそのまま排出されるから害は少ないのでは……という思い込みに終わってはいけない。「現場百遍」をモットーに、まずプラスチックの徹底した「削減」を訴える高田秀重氏(東京農工大学教授)への大型インタビューをお届けする。
(取材・文 西岡真由美〈ノンフィクションライター〉)

「これは結構です」

打ち合わせの席で、紙パック入りのお茶がさし返された。

「これがね、ウミガメの鼻に突き刺さっている写真を見たら、もう使えないですよ……」

そう話す高田さんの視線の先には、紙パックに付いたプラスチック製のストローが。

つい今しがた、プラスチックと環境問題を話題にしてきたにもかかわらず、「プラスチック付き」の飲み物を提供したことが、恥ずかしくなった。同時に、プラスチックによる海洋汚染と生物への影響を研究する打ち合わせ相手、高田秀重さんの徹底した「使わない」スタイルを垣間見ることができた。

プラスチックの使用については、環境汚染と資源循環の両面から「3R」、つまり削減(reduce)、再使用(reuse)、リサイクル(recycle)が推奨されている。高田さんは、まず削減すること、さらには4つ目のRとなる「リフューズ(refuse、断る)」が重要であると訴え、自身が率先してこれに努めているのだ。

国連環境計画は2016年、「2050年には、海を漂うプラスチックごみの重量が、海洋生物の総重量を超える」という衝撃的な試算を発表した。以来、プラスチックによる海洋汚染は、環境問題の代表格と言えるほど注目を集めている。

イギリスではレジ袋に課税を、フランスでは、使い捨てプラスチック容器をゼロにするといった目標を掲げている。さらにルワンダでは、旅行者がレジ袋を国外から持ち込むことすら禁止するなど、世界60ヵ国以上が国を挙げて動きはじめた。

対して日本は、G7首脳会議でまとめられた「海洋プラスチック憲章」への署名を拒否するなど、対応に二の足を踏んでいる状況だ。それでも高田さんのもとへは、日夜メールに電話にと、この問題に対し、意見やコメントの依頼が殺到しているのだという。

東京湾の海水東京湾で採取した海水。多数のプラスチック片が混ざっているのが分かる(高田秀重さん提供)

「消化管に詰まる」だけではない

自然界に放棄されたプラスチック製品は、紫外線や物理的な力を受けながら劣化し、粉々に砕けて、直径5ミリ以下のマイクロプラスチックとなる。そして、どんなに小さくなろうとも、消滅するわけではなく環境中に残り続ける。特に海洋の汚染が深刻だ。

前述のウミガメの話をはじめ、死んだ海鳥の消化管に大量のプラスチック片が詰まっている写真や映像に、見覚えのある方も多いのではないだろうか。

間もなく海洋生物の総重量を超えようとしているこれらのごみやマイクロプラスチックと、生物が接触する機会が増えている。体にまとわりついて自由を奪い、エサと間違え体内に取り込まれていく。想像すれば思い浮かぶ光景だ。

だが、プラスチックが生物に及ぼす影響は、そういった物理的な問題だけなのだろうか。

マイクロプラスチック太平洋上、日本列島から1000キロ沖合の海水から取り出したマイクロプラスチック(高田秀重さん提供)

プラスチックには、ノニルフェノールといった環境ホルモンにあたる添加剤が含まれていたり、ポリ塩化ビフェニルやDDTなどの汚染物質を吸着する性質がある。高田さんの研究では、海洋を漂うマイクロプラスチック1グラムには、海水中の10万から100万倍の濃度にあたる、1~1万ナノグラム(ナノは10億分の1)の汚染物質が含まれることが明らかになった。

高田さんたちは次に、生物に取り込まれたプラスチック片と、そこに含まれる汚染物質の体内移行や作用について調べることにした。