エサに集まるシクリッドの群れ。マラウイ湖で撮影 Photo by Getty Images

魚にも「右利き」「左利き」があった! 「利き」メカニズム解明へ

逃げる餌を追うパフォーマンスが上昇?
バラバラに泳いでいるようにみえる魚に「利き」があったとは。そもそも、それを判定することができるとは──。
高速度カメラなどを駆使してわかった驚くべき研究成果をご紹介します。

他の魚のひれ、どちらから狙う?

逃げる相手を襲って食べるタイプの魚には右利き、左利きの別が生まれる──。

アフリカのタンガニーカ湖やマラウイ湖にすむシクリッドという魚の仲間を調べている富山大学の竹内勇一助教らの研究グループが、こんな仮説を主張している(富山大学などのプレスリリースはこちら

竹内さんら富山大学、愛媛大学、龍谷大学、名古屋大学、マラウイ大学の国際研究グループは、マラウイ湖にいるシクリッドの一種を調べた。

体長が10センチメートルほどのこの淡水魚は、他の魚の背後から忍び寄り、ひれを食いちぎって餌にする。「ゲンヨクロミス・メント」という学名がついているのだが、ここから先は「ヒレ食魚」とよぶことにしよう。そのヒレ食魚をマラウイ湖で採取し、餌をとるときの動きを水槽で高速度カメラなどを使って観察した。

シクリッド金魚(左)の尾びれに食いつくヒレ食魚のシクリッド(竹内さんら研究グループ提供)

ヒレ食魚を泳がせている水槽に餌の金魚を入れると、ヒレ食魚は水槽の底をはうようにゆっくりと背後から忍び寄っていく。そして、金魚の尾びれにそっと近づき、頭を少し傾けて素早くかみつく。

このとき、頭を左右どちらの向きに傾けるか、尾びれの右側からかみつくか左側からかみつくかがほぼ決まっている個体が多い。これが、ヒレ食魚の捕食行動にみられる「右利き」「左利き」だ。

観察した13匹のうち、半数以上の8匹にこの右利き、左利きがみられた。

ひれに左からかみついた「左利き」行動の場合、下あごの左側が右側より少し大きくて口がやや右に曲がっている個体が多く、下あごの右側が大きいものはわずかだった。

捕食行動の「左利き」は、下あごの左側が大きい形態の「左利き」と対応していたということだ。ただし、「左利き」の個体が、ふつうとは反対の右側からかみつこうとした場合でも、ひれに接触できる成功率には差がなかった。