# 株主優待

ランチから宿泊まで株主優待で! 桐谷さん厳選「食事&旅行銘柄」

これで一生、楽しめます
桐谷 広人 プロフィール

「宿泊銘柄」で旅に出よう

「定年退職したら、あちこち旅行に行きたいね」

仲のいい夫婦であれば、こんな会話を交わしているはずです。

Photo by iStock

いいですねぇ。独身の私には、うらやましいかぎりです。

なかには、退職金の多くをつぎ込んで豪華客船に乗り込む強者夫婦もいます。気持ちはわからないでもありませんが、ちょっと心配です。そんなにお金を使っていたら、老後資金がすぐにショートしてしまうからです。

旅行や日帰りでのお出かけにも、優待を積極的に活用しましょう。

ただし、アベノミクスで景気が上向いてからというもの、航空や船舶といった交通系の企業の株はかなり高くなってしまい、なかなか手が出ません。それでも、電鉄系はまだ買える銘柄が残っています。

とくに、自分たちが住んでいる沿線の電鉄会社の株は保有してもいいかもしれません。その会社が経営している動物園や遊園地などの施設や、バスの割引券がもらえたりするからです。優待内容を調べ、活用できそうと思ったら購入を検討しましょう。

ホテルの株も、超一流のところは高いのですが、少しランクを落とすことでリタイア生活でも充分に買うことができます。

●サムティ
東京と大阪にセンターホテルを持っており、1単元保有で年に2枚、3000円分の宿泊割引券がもらえます。3単元保有の場合、無料宿泊券になります。地方に住んでいる人なら、これを使って東京や大阪に遊びに出るのもいいでしょう。曜日や繁忙期にもよりますが、平日は比較的、スムーズに宿泊予約がとれます。

 

●レオパレス21
1単元保有で国内のレオパレスホテル50%引き優待券と、グアムのホテル(レオパレスリゾートグアム)の無料宿泊券が、それぞれ年に2枚もらえます。

国内のレオパレスホテルは、札幌、仙台、名古屋、博多の4カ所あります。こうした地方都市に出向いて名産品を食べ歩くというのも楽しそうです。海外好きなら、LCCの格安航空券を別途購入してグアムに行くのもいいでしょう。

●シー・ヴイ・エス・ベイエリア
カプセルホテルを経営していて、1単元保有で1500円分の宿泊割引券を年に2回、計3枚もらえます。都内だと銀座、日本橋、田町など便のいいところに6カ所あるので、地方で暮らしている人たちの東京見物にはもってこいと言えるでしょう。

こうした宿泊の優待券は、年末年始やゴールデンウイーク、お盆、週末など混み合う時期には使えないケースが多いので注意してください。

逆に言うならば、リタイアして時間の自由がきく人にとっては、とても使い勝手が良くなっています。