1月23日 湯川秀樹が生まれる(1907年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1907年のこの日、日本人として初めてノーベル物理学賞を受賞した、理論物理学者・湯川秀樹が、地理学者・小川琢治の三男として、東京府麻布に生まれました。

父が京都帝国大学の教授に就任したことにより、京都へと移り住んだ湯川は、自身も京都大学へと進学し、ここを拠点に研究生活を送ることになります。

湯川秀樹湯川秀樹(写真右端)。母、兄弟とともに Photo by Kodansha Photo Archives

1934年には、陽子や中性子を結合させる「核力」を伝える未知粒子として中間子の存在を予言し、中間子理論を展開。この理論は1947年に中間子の発見により実証され、1949年にノーベル物理学賞が授与されました。

湯川はまた、核兵器の根絶を訴える「ラッセル-アインシュタイン宣言」に参加するなど、平和運動にも取り組んだことで知られています。

【講談社から刊行されている湯川秀樹の著書はこちら】
『この地球に生れあわせて』(講談社文庫)
『物理講義』(講談社学術文庫)
『湯川秀樹歌文集』 (講談社文芸文庫)
『目に見えないもの』(講談社学術文庫)