# スマホ # 節約

必見!格安スマホで最大限トクする「裏ワザ」と乗り換えの「注意点」

こんな簡単なことで家計はボロ儲け
丸山 晴美 プロフィール

そもそも「格安スマホ」とはどういうものか?

格安スマホはCMなどでよく耳にするけれど、仕組みや料金などわからないことばかりという方に向けて簡単に説明を。

格安スマホとは「MVNO」と呼ばれる事業者がNTTdocomoやau、SoftBankといったキャリアから通信回線を借りて安く回線を提供するサービスです。

例えば、NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」(docomo回線)やケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」(docomo・au・SoftBank回線)、インターネットイニシアティブの「IIJmio」(docomo・au回線)、ビッグローブの「BIGLOBEモバイル」(docomo・au回線)、UQコミュニケーションズの「UQmobile」(au回線)、SoftBankの「Y!mobile」(SoftBank回線)、ソニーネットワークコミュニケーションズの「nuromobile」(docomo・SoftBank回線)と、その事業者ごとに借りているキャリアの回線の種類にも違いがあります。

このキャリアの回線は事業者を選ぶ際のポイントの1つとなります。

「格安SIM」ってなに? その特徴と注意点

格安SIMの説明の前にそもそもSIMとは何のことかと言えば、スマホがスマホとして使えるようになるための情報が書き込まれたICチップのことです。

このSIMに電話番号やどこの業者の回線が使えるのかなどさまざまな情報が入っており、このSIMをスマホの端末に挿入することで通話や通信などができるようになるのです。

そして、格安SIMとは事業者がキャリアから回線を借りて安く提供するための情報が入ったICチップということもできるのです。この格安SIMをスマホに挿入すると、格安スマホが完成するのです。

ここでちょっとだけ注意点があります。

SIMには3つサイズがあり、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」で端末によって異なるのでSIMのサイズをチェックしておきましょう。万が一間違ってしまったり、スマホを買い替えてSIMのサイズが変わった時は、所定の手数料を払うことで、SIMを交換してもらうことができます。

 

「SIMロック」って? 注意点と裏ワザを紹介します

スマホごとにSIMのサイズが違うというのはご理解いただけたかと思いますが、スマホの端末にはカギがかかっているものとそうでないものとがあります。この違いはズバリどこで端末を買ったのか、です。

docomo、au、SoftBankで契約した際に端末を購入した場合には、そのキャリアでしか使えないように端末にロック(カギ)がかかっています。それがSIMロックです。つまり、docomoで買ったスマホにSoftBankで契約したSIMを入れても使うことができない状態になっているのです。しかし、SIMロックは所定の手数料を支払えば解除をすることができます(ただし、対象の端末に限る)。

SIMロックが解除されると、SIMフリーとなり、どのキャリアや事業者のSIMでも使えるようになります。もちろん、海外のキャリアのSIMでも利用することができます。

実は、SIMロックを解除しなくても、格安SIMを使うことはできるのです。

それは最初に格安SIMの事業者が借りている回線にヒントがあります。借りている回線がdocomo回線であれば、スマホをdocomoから買ったものであれば、SIMロックを解除しなくてもそのまま使い続けることができるのです。

同様にauで購入したスマホはau回線を借りている事業者でau回線プランで契約をすればいいのです。ただしこの場合、海外旅行等で海外の通信事業者のSIMを利用することはできないので注意が必要です。