〔photo〕iStock
# 節約 # スマホ

必見!格安スマホで最大限トクする「裏ワザ」と乗り換えの「注意点」

こんな簡単なことで家計はボロ儲け

消費税10%に備えて「スマホ料金」を激安にする!

今年の10月に消費税が10%に引き上げられ、家計への負担は重くなるばかりです。家計の負担を減らすには、家計の見直しをすることが近道と言えるでしょう。

〔photo〕iStock

家計を効率的に見直すには、毎月支払っている固定費を見直すことです。例えば住居費であれば賃料が安い物件に引っ越したり、掛けすぎている保険の見直しをして保険料負担を減らしたり、通信費の見直しがあります。

その中でもスマートフォン(以下スマホ)の普及で通信費は年々増加傾向にあり、通信費の見直しをすることで家計負担を大きく軽減することが可能です。

通信費の見直し方法は大きく分けて3つあり、1つめは既存の携帯電話事業者(以下キャリア)でのプラン変更や有料オプションの解約をして月額料金を下げる。

2つめはより魅力的なプランを打ち出している他のキャリアに乗り換える方法。

3つめは格安スマホに乗り換える方法があります。

今回は大きく節約ができる可能性がある格安スマホの選び方と注意点をわかりやすく解説していきます。

 

「格安スマホ」にすると通信費がこんなに安くなる

まず始めに、格安スマホの料金プランの一例をご紹介します。

※2019年1月9日現在の基本料金で、キャンペーン料金等は反映していません。また別途事務手数料等がかかることがあります

現在ご自身が利用している料金と比較してみていかがでしょうか。

話し放題プランなど他にもオプションを付けた場合には金額が変わってきますが、あまり通話をしない、通話はLINEといったアプリを使っている場合には、格安スマホを利用したほうが安くなるでしょう。