2年後、センター試験廃止で大学入試は「カオスな世界」になる

医学部受験のプロが断言
原田 広幸 プロフィール

他にもある。すべてを挙げられないが、決定的な問題として、各検定間で異なる点数を、どうやって標準化するかという問題が重大だ。

文科省は、各検定試験の点数・レベルの対照表を作っている。しかし、たとえば、英検の2級が、TOEICやTOEFLで何点に相当するか、というのは、科学的・実証的には決定し得ない。

英語の専門家であろうが、英語学の権威であろうが、この作業には、レベル判定者の主観が入らざるを得ない。ということは、標準化し得ない、各検定間で異なる点数を、ばらばらに各大学が処理することになる。これでは、「共通テスト」ではない。

 

カオスと化す2021年以後の入試

かのような、メチャクチャな制度改革は、如何にして進められてきたのか。おそらくは、現場を知らない財界人や政治家による諮問会議で決められた方針を、官僚が忖度して原案とし、動員された学者や教育者らの実務メンバーは、嫌々ながら、やっつけ仕事で、「試験問題」や「対照表」を作成したのだろう。

東京大学は、英語の外部試験(検定)を利用しないと明言したが、同じような態度を取る大学は、高偏差値のブランド大学や難関医学部を中心に、大勢が、新テスト=共通テストの点数を無視するか、2次個別試験に対する配点を極小化する動きになるだろう。

なにせ、「思考力や表現力」どころか、従来型の学力すら、判定できない試験なのだから。

このような状態は数年続き、また、同じようなセンター試験型の入試が復活するか、あるいは、各大学の個別試験だけが入学試験として残ることになるだろう。

私としては、後者であることを望む。政府や財界人も、多様化や国際化を叫ぶなら、もう、国全体で共通のテストを実施することなど諦めて、各大学の「多様性」と「国際性」をもっと尊重し、大学の自主的な入試作成をどんどん認めてはどうだろうか。