レーダー事件「韓国ナショナリズム」が3月1日に暴発する可能性

なぜ、ここまで強硬になったのか?
佐藤 優 プロフィール

文在寅大統領も、わかっているが…

邦丸:日本政府は、「いや、こちらは本当に火気管制レーダーを受けました。この事実関係は曲げられません。ただ、政府同士は冷静でいましょう」ということについては、文在寅大統領にメッセージを発しているわけですよね。

佐藤:はい。文さんも韓国外交部も、そんなことはわかっています。しかしナショナリズムというのは、いったん煽っちゃったら水道の栓をギューッと開くように、一方向にしか回せない。

邦丸:佐藤さんは、徴用工問題のときからそうおっしゃっていますね。

佐藤:文政権というのは、ナショナリズムを使いながら権力基盤を拡大した政権ですから、なかなか蛇口を閉めることができないんです。ジレンマに入ってしまっているわけですね。

ただ、ちょっと限度を超えてきていますね。事実関係のところで、少なくとも「自分たちが間違えたので、黙っています」ということなら構わないんです。しかしそこで、「日本が事実を曲げている」みたいな話になってくると、これは言わざるを得ない。このことから導き出せるのは、結局、「文在寅政権の間は、日韓関係は様子見」ということですね。何をやっても裏目に出る。

 

ただし、あらかじめ予告しておきますが、3月1日に不測の事態が生じないように、日本政府も韓国に対してメッセージを出したほうがいいと思いますよ。たとえば釜山の日本総領事館やソウルの日本大使館、日系企業に対して何か起きるということになれば、これは日韓関係が取り返しのつかないことになってしまう。

ナショナリズムを爆発させることのリスクについて、韓国はもう少し認識を持ってほしいですよね。

邦丸:日本側からすると、民間も含めて、どんな対応を3月1日に向けてすればいいんでしょうか。

佐藤:外交的には抑制された態度をとると同時に、各国に対して、後ろでちゃんと言っておくことですね。「こういったことが起こり得るので、日本としては非常に心配しているんだ」と、アメリカでもロシアでも中国でもいいですから、密かに外交ルートで伝え始めることです。「今年前半の最大の懸案」くらいのことは言ってもいいと思いますよ。