「いま、日本で富裕層が急増中」という事実から考えるべき大事なこと

「マス層」の生き方にも影響します
加谷 珪一 プロフィール

富裕層世帯の増加、大きな理由は「株高」

富裕層の世帯は2013年には100.7万世帯だったが、2017年には26万世帯増えて126.7万世帯となり、富裕層が持つ金融資産も241兆円から299兆円に拡大している。一方、金融資産3000万円以下のマス層は、同じ期間で4182.7万世帯から20.4万世帯増えて4203.1万世帯となり、資産額は539兆円から673兆円に拡大した。

ここで注意する必要があるのは総世帯数の伸びである。日本の人口は伸び悩んでいるが、ライフスタイルの多様化によって単身者が増えており、それに伴って総世帯数も増加している。したがって各層において世帯数が増えること自体は不思議なことではない。

 

この数字を1世帯あたりに換算すると、富裕層の1世帯あたりの資産額は2.4億円とほぼ変わっておらず、マス層の1世帯あたりの資産額は1290万から1600万円に拡大した。

富裕層の世帯数が増え、保有する資産額も拡大したと聞くと、資産格差が拡大しているように思えるが、このデータを見ただけでは必ずしもそうなっていると断言できない。いずれにせよ、各層において資産額が増えたことは間違いないようだ。

各層の資産額が増えた最大の理由は、アベノミクスによる株高と考えられる。

〔PHOTO〕iStock

日銀の量的緩和策がスタートする直前、2013年初頭の日経平均株価はわずか1万円であった。昨年末の株価下落で下がったとはいえ、2018年は2万円を超えた水準で推移していたので、株価は2倍になった。

資産額が増えるほど、株式や債券など直接的な資産運用を行う割合が高くなるので、株価の上昇はダイレクトに富裕層の資産増加につながってくる。これまで準富裕層に属していた世帯が、株高で資産額が増え、富裕層の仲間入りを果たしたというパターンは多いだろう。

一般的にマス層における直接的な投資の比率は低いと考えられるが、投資信託などを保有している世帯があるので、やはり株価の影響を受ける。

マス層の場合、金融資産の多くは現預金と考えられるが、多くの世帯は日本の将来に対して楽観しておらず、消費よりも貯蓄に励んでいる可能性が高い。2013年から2017年にかけて家計の預貯金は1割増えており、これも資産額の拡大を後押ししたと考えられる。