日本株の「クリスマス暴落相場」で株を投げ売った素人投資家の末路

20年後に大後悔することになる
山崎 俊輔 プロフィール

プロの投資家が「下がっても」投資を続けるワケ

意外に思われるかもしれませんが、いったいなぜでしょうか。

それは投資対象ごとの期待リターンとリスク、その資産配分割合を検討することのほうが「銘柄選び」や「タイミング」より投資において重要であることを知っているからです。

個人にとっても実はこれ、同様です。投資に勝つために必要なのは軍資金の量でも、銘柄選びでも、売買タイミングでもありません。

「一時的に下がっても続けられる」ような投資スタイルを、スタート段階で準備しておくことなのです。

〔photo〕iStock

株価急落に焦る人たちが犯している「大きな間違い」

私たちは中長期的には株式等のリスク資産はプラスの運用になると考えているから投資をしているはずです。そもそも儲かる気持ちがないのに投資をする人はいないですから、プラスの成績を考えることは当たり前です。

日本の経済的成長はもうない、と思っている人は日本株で投資をする必要はありませんし、社会全体が豊かになっていくことの対価があなたの投資資金の増加になることを思い浮かべられない人は投資をするべきではありません。

しかし「短期的には値下がりする可能性があるが、中長期的には回復に転じプラスに至る」という部分で投資対象を信じることができていないようであれば、あなたはそもそもの想定が間違っています。

短期的な、企業や社会の経済活動と無関係に動く数字を稼ぐのが投資だと思っているから、あなたは短期的な値下がりに耐えられないのです。

 

そして次に想定するべきは「下がる可能性とその程度」です。

資産クラスごと(たとえば国内債券か、国内株式か)と投資スタイル(インデックス運用か個別株式投資かなど)によって値下がりの大きさは違うわけですが、国内外に分散投資をしたとしても短期的にマイナス20%くらいの値下がりは覚悟しておくべきです。

個別株であればその2倍は考えてもいいでしょう。