2018年のIPO案件を総括すると見えてくること

さて、2019年はどうなる…?

12月25日で2018年のIPO案件が全て終了しました。2017年に引き続き、2018年のIPOマーケットの総括をしてみたいと思います。

【ハイライト】
1. IPO社数は2017年と同じ90社。
2. 2018年の大型IPOはソフトバンク、メルカリ等、話題性多し。
3. 申請期の売上・利益が減少傾向だったが、予想PERは上昇の結果、株式時価総額は2017年と同水準。但し今後はマクロ環境、消費税増税に留意。

IPO社数は前年同様の90社

過去10年のIPO社数とその年の大納会の日経平均終値をグラフにしました。

2008年のリーマンショックを機に日経平均が大きく下がると共に、2009年にはIPO社数は19社まで落ち込みました。それ以降、日経平均は東日本大震災の影響を受けるも、2015年まではIPO社数は6年連続増加しましたが、2016年に7年ぶりの減少となりましたが、2017年は90社に増加し、2018年も90社と横ばいとなりました。

但し、日経平均は2018年12月後半の市場急落により12月28日終値は20,014円となり、7年ぶりに前年を下回りました。

このグラフを見る通り、IPOはやはりマーケット環境に大きく影響を受けると言ってよく、2019年のIPOには留意が必要です。

 

IPO社数

2018年の市場別の上場社数は、マザーズが2017年の49社から2018年が63社と大きく増加し、従来からの傾向と同様に全体の3分の2以上となりました。

一方でジャスダックスタンダードが2017年の19社から14社に減少し、東証一部が11社から7社、東証二部が8社から5社といずれも減少しました。これは発行体の利益額が従来より減少して来ていることが要因と思われます。また、2018年は地方市場へのIPOは札幌アンビシャスに1社のみでした。

主幹事トップは前年同様野村。藍澤証券が1社主幹事

次に主幹事証券ですが、2018年は野村が23社と2位のみずほにわずか1社差で、2017年同様首位となりました。3位はSMBC日興が19社と僅差で続きます。また三菱UFJモルガンスタンレーが5社のうち、単独主幹事は2社だけであり、残りの3社は、キュービーネットホールディングス、ラクスル、ソフトバンクなど大きめの案件の共同主幹事を獲得している部分が特徴的です。また、藍澤証券がリフォーム事業のFUJIジャパンの札幌アンビシャスIPOの単独主幹事を務めました。