Photo by iStock

大地震でエレベーターに閉じ込められた時に「尿意」どうすべきか…?

作家・林真理子さんの 切実な心配にお答えします

いつ来てもおかしくはない大地震で、実は考えなければならないのがトイレの問題。非常時では、「我慢は美徳」とは限らない。恥ずかしがって後悔することのないように、取るべき最善の方法を教えよう。

考えるだけでドキドキ

内閣府の南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループの試算によれば、最大M9の南海トラフ地震が起これば、全国で1万件以上、エレベーター内で閉じ込め事故が起こり、最大2万3000人が被害に遭うと推定されている。

'11年3月11日に起きた東日本大震災では、震源地から遠く離れた東京都(最大震度5強)でも、84件もの閉じ込め事故が発生した。その救出には、最長で9時間を要した。

南海トラフ地震では、広範囲に被害が及ぶため、交通インフラに障害が生まれることは間違いない。関西学院大学災害復興制度研究所の調査によれば、エレベーター内で閉じ込められた場合、救出に12時間もかかる可能性があるという。

狭い密室の中、外部との連絡も取れずに、いつ来るかもわからない救助を待ち続ける――。想像するだに恐ろしい状況だ。

 

平常時はあまり意識されないが、地震が起こった際、実は深刻なのが「トイレ問題」だ。日本トイレ研究所代表理事の加藤篤氏が語る。

「震災時はストレスで体調を崩し、下痢や嘔吐の症状が出やすくなります。また、通常時よりも、尿意や便意を催しやすくなります」

ただでさえ緊張と恐怖で殺気立った空間だ。周囲の人にはとても言い出すことができず、いつまで我慢すればいいのか、我慢できるかも計算が立たない。

『週刊文春』12月6日号のコラム「夜ふけのなわとび」の中で、作家の林真理子氏は、大地震が発生した際のトイレ問題について、こう不安を綴っていた。

〈最近エレベーターの中で、四角い箱を見ることが多くなった。地震で閉じ込められた時の緊急装備品だ。(中略)

私はそれを見るたび、いろんなことを想像する。閉じ込められた時、ちょうどトイレへ行こうと急いでいる時だったらどうだろう。

一時間は我慢出来るが、二時間は無理だ。知らない人とぎっしり詰め込まれていたら……。そう考えるだけで胸がドキドキしてしまう〉

林氏の心配するように、閉じ込められてしまった時、催してしまった尿意や便意はどうすればいいのか。これは、切実な問題だ。

迷惑をかけたくないという一心で、無闇に長時間我慢するのは、最も取ってはいけない選択肢だ。何の対策もせずに漏らしてしまえば、かえって他人に迷惑をかける。

狭い部屋の中、小便や大便まみれになったズボンやスカートを隠すように小さく座る。

それでも、不愉快な臭いは部屋に充満していく。少しずつ自分から距離を取り始める周囲の人に対し、申し訳なさと情けなさでいっぱいになりながら、ひたすら救助を待つ――。

ただでさえ非常事態で苦しんでいる時にこうなってしまえば、何よりも漏らしてしまった本人にとって、到底耐えられるものではない。