Photo by GettyImages

元東京地検特捜部エースが語る「日産VS.検察」の行方

「私がもし弁護するならば」

次々と明るみに出る独裁者のカネをめぐる疑惑。ところが、検察も起訴への決め手がつかめず、苦しい状況なのも事実。「巨悪を眠らせない」元特捜の鬼部長が、今後の勝算をつまびらかにした。

やはり狙いは特別背任

「ゴーン氏は、いろんなところで日産のカネを使っているんだから、問題があることは間違いない。有価証券報告書の虚偽記載についても、起訴は難しいという意見が出ているようだけれど、問題がある以上、検察は徹底的にやっていくしかない」

本誌取材にこう口を開くのは、元東京地検特捜部長の石川達紘氏(79歳)である。元特捜のエースとして名高い石川氏は、元自民党副総裁の「政界のドン」金丸信脱税事件を指揮。

弁護士に転じた後も武富士の創業家一家の弁護人を務めるなど、数々の大型事件にかかわってきた人物だ。

日産のカルロス・ゴーン氏(64歳)、側近のグレッグ・ケリー氏(62歳)をめぐる逮捕劇を発端に、会社資産の私物化と思われるカネの動きが次々と明るみに出ている。

当初の容疑は'10年~'14年度の5年間における、有価証券報告書への役員報酬過少記載だが、疑惑は枚挙にいとまがない。

箇条書きで簡単にまとめると、

①日産出資のペーパーカンパニーを経由して、20億円超を私邸購入費用に、数千万円を家族旅行費に充てた

②リーマンショックの際、デリバティブ取引で生まれた個人的な資産の損失17億円を会社名義に付け替えていた

③'17年度の役員報酬も、報告書では7億3000万円と記載されていたが実際には約25億円だったなど、莫大なカネが、ゴーン氏の思いのままに動かせる仕組みになっていたことが明らかになった。

「(指示役の)ケリー氏に、適法にやってくれと相談した」と、悪びれる様子もなく容疑を否認しているゴーン氏を、検察はどこまで追及できるのか。

冒頭の石川氏は、日産の監査役から相談を持ち掛けられ、検察と西川廣人社長ら反ゴーン派を繋いだ人物と噂される人物だ。

ちなみに、石川氏は昨年2月に自身が運転する自動車で死亡事故を起こし、係争中の身である。昨年末、勤務する都内の法律事務所から出てきたところで、本誌記者が話を聞いた。

 

――石川さんは、日産と検察を繋いだキーマンだといわれているが、実際はどうなのか。

「いやいや、それは違うよ。(監査役の名前を聞いて)誰、それは知らないなあ。第一、事故のこともあったんだから、そんな弁護士のところに来るわけないだろう。関係がないよ、俺は」

日産社内の「クーデター」への関与は否定するものの、石川氏は検察が今後取るだろう戦略について話を続けた。

「たしかに、最初の容疑で言われている有価証券報告書の虚偽記載についても、会社との手続きをうまく通してやっているだろうから、犯罪を立証するのは難しいかもしれない。

だから、ゴーンも『適法だ』って言ってるわけでしょう。ただ、その手続きがちゃんとしたものなのかどうかというところが問題だと思う」

――検察が持っていきたいのは、特別背任?

「そうだ」