# 認知症

認知症で「カネを下ろせない人」が急増! 最悪の場合、口座凍結に…

まずは受け入れることが必要だ
週刊現代 プロフィール

定期預金に気をつけろ

暗証番号が思い出せなかった時点で、まず自分が認知症になりつつあることを認め、家族と話し合ったほうがいい。

その上で、本人が元気であれば、自分で窓口に行き、暗証番号を確認するための手続きをとることができる。ゆうちょ銀行の広報担当者が語る。

「暗証番号が思い出せない場合、本人が通帳、本人確認書類(免許証やパスポートなど)、届出印、カードをもって窓口へ来てください。暗証番号は後日、簡易書留郵便で届きます。通帳やハンコを失くしてしまった場合にも、本人が窓口に来れば、対応ができます」

 

受け取った暗証番号は家族とともに確認し、念のためノートに記録しておくといいだろう。ただ、本人が自分で窓口に行けないこともあるかもしれない。その時は、委任状を使うことで、家族が代理で手続きできることもある。

金融機関の窓口でフォーマットをもらい、書類に記入、本人と代理人がサインをする。また、窓口で本人の意思が確認できなくても、家族が事情を説明すれば対応してくれる場合もある。みずほフィナンシャルグループ広報担当者は語る。

「まずは、『ご依頼の手続き内容とその目的』、『ご本人と来店者の関係』、『当該口座の普段の管理の状況』などをお伺いします。その上で、総合的な判断のもと、対応可否をケースバイケースで検討します」

親が認知症であることを示す診断書と要介護認定の通知など、必要な書類を提示すれば、おカネを下ろせることもあるようだ。

Photo by iStock

二度とこのような煩雑な手続きを取らずに済むよう、確認できた暗証番号は家族で共有しておきたい。その保管方法にもコツがあると、訪問看護ステーションぽけっと代表の上田浩美氏が語る。

「一番は、いざという時のために、銀行の貸金庫に暗証番号のメモから通帳、印鑑など全部預けておくことです。特に日常使いではなく、大きな金額がまとめて入った口座がある場合おすすめします。貸金庫なら家族も出し入れはできるし、身内の誰かがおカネを使い込んでしまう恐れもないでしょう」

さらに先々のことを考えるならば、定期預金にも注意が必要だ。

「定期預金は原則、本人しか下ろすことができません。特殊詐欺が増えていることや、身内の誰かが勝手におカネを下ろしてトラブルになる危険があるため、こうした対応をとっています」(城南信用金庫広報担当者)

定期預金は解約し、キャッシュカードと暗証番号があれば下ろせる、普通預金にまとめておいたほうがいいだろう。またついつい複数の銀行口座を作って、管理しきれなくなっている高齢者も多い。口座は、一本のメインバンクにまとめておくと便利だ。