# 転職 # MBA

「コンサルもMBAも、もはやエリートではない」現役MBA生のリアル

世界で強まる「あたらしい働き方」
鈴木 あゆみ プロフィール

「個人」で勝負する時代

米国MBAは今、かつてのようなエリート志向の人が集う場としての意味合いが薄れている。筆者が米国へ来て感じたことは、ユニークなキャリアを歩みたい人が、単にエリート志向を極めるためではなく、キャリアにレバレッジをかけるためにMBAへ来ているケースが非常に多い、ということだ。それはすなわち、「会社名の肩書よりも、個人としての生き方を重視する人が増えている」ということでもある。

こうした視点は、日本人のMBA受験生にありがちな大企業1社でキャリアを積んできた人に欠如しがちである。

そのため、逆に言うと、「名だたる大企業出身」というだけでは米国では評価されにくい傾向になってきている。米国トップスクールMBAでは近年、日本人MBAの減少傾向が指摘されているが、その理由の一つは、日本人受験生にありがちな大企業1社で長年経験を積むというキャリアが、米国MBAの入学審査官から評価されにくく、日本人受験生が米国トップスクールMBAに受かりにくくなっている点が挙げられる。

 

また、STEMの学位の人気高騰ゆえに、MBAの不人気が生じているという見解もあるが、それも少々語弊がある。そもそも、米国大学院のSTEM学位は、社会人経験を経たアメリカ人学生にはあまり人気がない。彼らは、あくまでもビジネスの観点からテクノロジー分野について学びたいと考え、MBAを志望する。

実際に米国に来てみると、「普段はシリコンバレーでテック大手の本社勤務をしているが、週末のみニューヨークに来て教鞭を取っている」という大学教授が何人もいるほか、スタートアップに就職したMBA卒業生の中にも、複数の会社を掛け持ちで経営している、といったパラレルキャリアの人が増えていることを体感してきた。

MBA卒業後に有名企業に就職する人の中でも、副業としてスタートアップに挑戦している人も多い。有名企業に入社して、会社名だけで勝負できる時代はとうに終わっていることを実感させられた。

戦略コンサルタントの不人気の理由は、会社名ではなく個人で勝負しようという意思のある人が増えてきた傾向として、当然の結果であるともいえる。

しかし、そもそもMBAやコンサルタントが、エリートキャリアという時代ではもはやない。会社名よりも、個人としてどのようにブランディングを築くか、どのような人生を築くかが重視されている。

日本では、未だに「海外MBAはコンサルや投資銀行をめざす人が行くもの」という先入観があるためか、スタートアップ・起業キャリアの人がMBA留学をするケースは非常に少ないように思う。しかし、「個人」としてのキャリアにレバレッジをかけたい人にこそ、海外MBAという選択肢をおすすめしたいと考えている。