あの大谷翔平も心酔する、中村天風とは何者か

『運命を拓く』を読んでいた
週刊現代 プロフィール

王の一本足打法にも影響

人生の「肯定」と目標に向けた「努力」。こうしたポジティブな精神性にくわえて、天風の哲学が一流の人々に受け入れられる要因になっているのが、その実践性の高さだ。

たとえば、自己暗示をかけやすい入眠前に楽しいことを考えるようにする「連想暗示法」や、無心になって集中力を養う座禅法「安定打坐」など、現代の科学からしても理にかなった方法を自ら開発し、普及させている。

ビジネス書評家の土井英司氏が言う。

「天風自身が死の手前で苦しむ経験をしたため、ひとつひとつの言葉が実際の身体と通じている。

たとえば、心身の精気が集まるへその下の部分『臍下丹田』をはじめ、天風の言葉には具体的な身体の部分がたくさん出てくる。だから、アスリートにも感覚的に受け入れやすいのでしょう」

 

あの世界の本塁打王・王貞治氏も天風哲学の影響を大きく受けた一人だ。

前出の広岡氏が言う。

「王の育成方法に悩んでいた故・荒川博コーチが、王を天風先生の教え子で心身統一合氣道の創始者の藤平光一先生のもとに連れて行った。

そこで、王は藤平先生から直々に心身統一法の指導を受けるようになり、やがて左足だけで立ってもびくともしなくなった。つまり、一本足打法の源流にも天風哲学があったのです」

Photo by GettyImages

大きな目標を掲げ、それに向かって精進し、達成していく。天風が示した「生き方の極意」は、まさに大谷が追い求める人生の理想そのものだ。

「稲盛さんのような経営者にしろ、大谷選手のようなスポーツ選手にしろ、具体的な結果が求められる『実践の世界』に生きています。

彼らは、常に周囲からの懐疑的な意見や批判にさらされ、失敗すれば『それ、みたことか』と揶揄される。想像を絶する孤独を感じるはずです。

そんな状況で戦っているからこそ、己の『信念』を失わず、ブレないことの正しさを説く天風の教えに心酔するのでしょう」(天風関連の著書が多い経営コンサルタントの池田光氏)

そして、天風の教えはこれから人生のピークを迎える大谷のような若者のみならず、人生の酸いも甘いも噛み分けた中高年に対しても同じように向けられる。

〈40や50はもちろん、70、80になっても情熱を燃やさなきゃ。明日死を迎えるとしても、今日から幸福になって遅くないのです〉

〈死んでないかぎりは生きてんだ。そうしたら、生きていることを楽しもう〉

むろん、人生は楽しいことばかりではない。だが、どんな局面でも物事を前向きに捉え、着実に歩みを進めるように励ます中村天風の教えから学べることは、少なくないはずだ。

「週刊現代」2018年12月8日号より