改元カウントダウン…皇居前が「大混乱」に陥る可能性

人が次から次へとやってきて…
週刊現代 プロフィール

必見! 4.30~5.1どんな行事があるのか

'19年4月30日から5月1日にかけて、新天皇は3つの行事に参加する。天皇の代替わりは、それらの儀式が終わってはじめて完了する。

明治時代以降、天皇が生前退位した例はない。陛下の「おことば」や総理の挨拶の内容も前例のないものになりそうだ。しかし、本誌が取材した関係者の証言を統合すると、その場面は、以下のようなものになると考えられる。

皇居前カウントダウンの熱狂的な光景からさかのぼること12時間前。'19年4月30日の正午、皇居宮殿の松の間で、厳かな雰囲気のなか今上天皇の退位の儀式である「退位礼正殿の儀」が始まる。

 

広さ228畳の板張りの中央部には、皇位の印である三種の神器のうち、「剣」と「璽(曲玉)」、そして国家の象徴となる印章である「国璽」が置かれている。

その横に置かれた玉座の前で、今上天皇が安倍晋三総理と正対する。総理の背面にある壁に沿って、菅義偉官房長官、山本信一郎宮内庁長官、大谷直人最高裁判所長官らが並ぶ。

いっぽうで、天皇の背面にある壁側には、秋篠宮や悠仁親王ら男性皇族が立ち、天皇と総理が言葉を交わす様子を見守ることになる。

日付が変わって、5月1日の午前10時。同じ部屋の中央に、今度はこれから新天皇となる浩宮が立つ。参列者は皇位継承権のある男子皇族のみ。つまり、秋篠宮と悠仁親王、そして今上天皇の弟である常陸宮だけだ。

そこに河相周夫侍従長が参上し、頭を深く垂れ、剣と璽、そして国璽を浩宮に献上し、それを浩宮が受け取る。これが、代替わり後、初めての儀式である「剣璽等承継の儀」だ。

Photo by GettyImages

その後すぐに、「即位後朝見の儀」が開かれる。参加者は、前日の「退位礼正殿の儀」と同じだ。

そして、まさに前日に天皇が立っていたその場所で、今度は浩宮が総理と正対し、「おことば」を話す。これが、浩宮の新天皇としてのはじめての国事行為になる。

「正式には、'19年10月22日の即位礼正殿の儀と祝賀御列の儀(パレード)までが『即位の礼』となります。これらを完了して、正式に新天皇が誕生するのです」(宮内庁クラブデスク)

4月30日~5月1日にかけて行われる3つの儀式は、まさに新しい天皇の時代のはじまりとなる。これらはすべて、NHKで生中継されるだろう。文字どおり、「歴史が変わる瞬間」は必見だ。