photo by iStock

市場シェア5割超!世界を席巻する「もう1つのAmazon」の正体

覇者が考える「次代のデジタル戦略」とは?

「目に見える」Amazonと「目に見えない」Amazon

技術者やIT業界関係者には常識だが、そうでない人には意外と知られていないことがある。

「Amazonという会社は、実質的に2つある」ということだ。1つは、私たちがよく知るウェブ通販などの会社としてのAmazon。そしてもう1つは、「AWS」こと、「Amazon Web Service」という会社だ。前者を「目に見える」Amazon、後者を「目に見えない」Amazonと言い換えてもいい。

筆者は11月末、AWSの年次開発者会議「re:Invent 2018」を取材した。ラスベガスの街中を使い、4日間にわたって世界中から5万人もの開発者が来場する巨大イベントだ。

このカンファレンスは、ネットの絡むサービス開発のトレンドの最前線でもある。これからのコンピュータとサービスがどこに行こうとしているのか──。AWSは、明確に「データ中心主義の世界」を志向している。

re:invent 2018の会場
  ラスベガスで開催された「re:invent 2018」の会場。実際には、ラスベガスに点在する5つのホテルを併用するかたちで開催され、のべ5万人の技術者が世界中から集まった

最大顧客はAmazon

最初に少し、AWSがどういう会社なのかを説明しておきたい。

AWSはAmazonの子会社だが、通販ではなく「ネットサービスのインフラ」を提供する会社だ。そもそも、Amazonを支えているのはAWSが構築したインフラであり、AmazonはAWSにとっての最大顧客の1つである。

ただし、冒頭で述べたように、AWSとAmazonは資本関係はあるものの「別の会社」だ。AmazonのデータをAWSが使うわけではない。AWSはあくまで「インフラ」の会社であり、Amazonが蓄積する膨大なデータの中身には、いっさい手を出さない。

個人向けサービスをしてるわけではないので表からは見えづらいが、通販におけるAmazonに勝るとも劣らない比率で、ネットの世界に影響力をもっている。なにしろ、企業向けクラウドサービスの分野では、じつに51.8%もの市場シェアを占めているのだ。

世界最大の映像配信サービスであるNetflixは、動画の配信から圧縮作業まで、その多くの部分をAWSで行っており、自社内にサーバーをもっていない。みなさんが日常的に使うネットサービスの多くも、スマホやゲーム機の対戦サービスも、じつはその裏側でAWSが動いているのである。

大手はもちろん、ネットサービスやアプリを立ち上げるスタートアップ企業にとって、AWSのような事業者は必要不可欠な存在となっている。

AWSのネットワーク
  AWSのサーバーなどが設置された拠点は世界中にあり、それぞれが高速な専用のネット回線で結ばれている。結果、世界中で安定的に高速なサービスを提供できる