photo by iStock
# 消費税

2019年「地獄家計」「天国家計」を分けるポイント大公開!

制度変更が多いのでみなさんご注意を

2019年10月以降 キャッシュレス決済はマストで

2018年も残すところあとわずか。来年はどんな1年になるのでしょうか。本稿では、知らないと損をするかもしれない、2019年に変わることをご紹介しましょう。

気になるのは、やはり「消費税」

ご存じのとおり、消費税は10月から10%に引き上げられる予定です。駆け込み需要や、消費の落ち込みを和らげるための対策が検討されていますが、その中で特に確認しておきたいのが、「キャッシュレス決済でのポイント還元」「自動車・住宅の減税措置」「プレミアム商品券」の3つです。

 

「キャッシュレス決済でのポイント還元」は、買い物をする際、クレジットカード・電子マネーなど、現金以外で支払うと、買い物で使えるポイントが提供されるというもの。還元されるポイントは最大5%です。

「最大5%?」と、首をかしげる人もいるかもしれません。そうです。今回の消費税率の引き上げは2%。ポイントと現金を同等の価値とすると、3%分負担が軽減されることになります。

軽減税率の対象となる食料品は、消費税率が8%のまま、5%のポイント還元が行われます。キャッシュレスに対応している店舗では、現金以外での決済がマストでしょう。

photo by iStock

ポイント還元率 店舗の形態で異なる可能性あり

ただ、政府は、中小の事業者のポイント還元率を5%にする一方、コンビニエンスストアや外食などのフランチャイズチェーンは2%、大手スーパーなどは対象外とする方針です(※1)。

コンビニ(※2)や外食店には、直営店、フランチャイズ契約を結んだ中小企業が経営する店舗がありますが、それぞれ還元率が異なる可能性があります。ややこしいですね。

詳細の決定を待ちつつ、10月以降は、各店舗でポイントの還元率を確認してから買い物をすると良いでしょう。ポイント還元の具体的な方法は、クレジット会社など各決済事業者が公表する予定です。

ポイント還元の終了時期は、「2019年10月1日の消費税率引き上げ後から9ヵ月間」。2020年6月末ですね。

実質的な増税を後ろ倒しにしているだけでは、という声も聞こえてきそうですが、2020年度以降にマイナンバーカードを使ったポイント還元も検討されています。

※1 2018年12月26日現在の情報です。今後変更となる可能性もあります。
※2 セブン-イレブンは、ポイント還元の対象とならない直営店も含めて、全店で2%のポイント還元を行うと日本経済新聞の取材を通じて公表しました。ファミリーマートやローソンも全店でポイント還元策に参加する意向を示しています。